社会主義の米国が誕生する:ピーター・シフ

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、得意の危機到来説を唱えた。
それとともに、米政治の先行きについて予想している。


これは、2008年に経験したよりはるかに大きな危機、はるかに大きな景気後退の始まりだ。

シフ氏がロシア国営RTで専売特許の終末論を展開した。
同氏は一貫して大きな弱気予想を続け、10年に1度ほどそれを的中させる。
最近の市場のナラティブは、不吉なことにこの終末論に似てきてしまった。

シフ氏によれば、最近のバブルはFRBの金融緩和政策が生み出したものだ。
リーマン危機は意図せずして膨張させたバブルだったという。
一方、今回のバブルは意図して膨張させた債務バブルであり、その分、経済の構造が弱体化したのだという。

「これ(金融緩和)が住宅バブルを再膨張させ、米国の債務をさらに増やしてしまった。
政府は必要な歳出削減を行わず、逆に増やしてしまった。
さらに、企業がレバレッジを上げ、株を買えるようにしてしまった。
もっと多くのアメリカ人を借金漬けにしてしまった。」

シフ氏は、米経済が債務バブル崩壊の瀬戸際に立たされているという。
市場関係者は、FRBの金融政策正常化がこのバブルを弾けさせてしまうのではないかと心配している。
ところが、シフ氏は、FRBにはこれ以上ある程度の規模の金融引締めはできないと見透かす。


「口ではそう言っているが、一度経済が景気後退に入れば、実際には再びゼロ金利に戻し、新たなラウンドのQEを実施することになる。
しかし、それはとても悪い状況を生み出し、状態を悪化させる。
前回はより大きなバブルを生むことで凌いだが、今回はそうはいかない。」

シフ氏は、FRBが毎回あまりにもバブルを大きくしてきてしまったという。
今回のバブルはあまりにも大きすぎ、さらに大きなバブルで凌ぐことが難しいと予想している。
度々エスカレートする金融緩和は、今度は好意的に受け止められなくなるだろうという。

今回の膨張は住宅価格・株価を押し上げるのではなく、一人ひとりの生活に降りかかる。
食費が上がり、ガソリン価格が上がる。
株式市場ではなく生活費が上がるんだ。
つまり、インフレ的な景気後退だ。

スタグフレーションという厄介な問題を引き起こし、トランプ大統領は多くの支持を失うことになろう。
シフ氏は、大統領が過去の景気・市場の拡大を自身の手柄と主張してきたために、逆も厳しい評価を受けることになるという。
2020年の大統領選挙での再選は難しい。

「民主党が2020年に大統領・議会を獲得するだろう。
民主党はこのインフレ的な景気後退をインフレ的な不況にしてしまう。
・・・人々は社会主義に票を入れるようになり、4年間の地獄になる。」

シフ氏は2024年に期待する。

「米国は、もしも本当に『再び偉大になりたい』なら、資本主義・自由な市場・健全な通貨に戻らなければいけない。」


 - 海外経済, 投資 ,