投資

現金を減らし実物資産を増やせ:ジェフリー・ガンドラック
2021年10月26日

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、長期ドル安予想を継続し、分散ポートフォリオの配分・中身のアドバイスについて微調整している。


ドルは下げるだろう。
今週・今月・今四半期に下げるかどうかはわからないが、ドルの最大要因は双子の赤字との強い相関だ。・・・
双子の赤字が増えると、ドル安傾向と極めて強い相関を示す。

ガンドラック氏がCNBCで22日、従来の長期ドル安予想を継続した。
いつドル安が本格的に始まるかはわからないものの、長期ではドル安トレンドになるとの主張だ。

ガンドラック氏はこれまでも現金、株式、実物資産、債券での分散投資を奨めてきたが、この日もその詳細について語っている。
当初は1/4ずつの配分を奨めていたが、少しずつ微調整してきた。
現金(おそらく短期債等を含む)については、短期金利ゼロと高インフレの下では25%配分が多すぎるとし、半分の12.5%を提案している。

  • 株式: 25%。
    「数か月前ダブルライン12年の歴史で初めて、米国株から欧州株に切り替えた。」
    ドル安を予想し、欧州株が米国株に比べ割安なため。
    「現在94のDXYが90を割り込む」ところで新興国市場株式が買い時になる。
    新興国市場株式のCAPEレシオは米国株の半分足らずだが、かつては逆転していた時期も多い。
    その場合、欧州株の好パフォーマンスは継続するという。
  • 実物資産(不動産・コモディティ全般): 30-35%。
    「コモディティは昨年の底から75%上昇している。・・・
    75%は大きく感じるが、コモディティのサイクルはとても長く、例えばS&P 500と比べて長期ではまだかなり割安だ。」

以上2つの資産クラスは(相対的に)インフレに強い資産クラスだ。
ガンドラック氏は引き続き、インフレ・シナリオだけに賭けるのは得策でないと考えているようだ。
デフレ・シナリオへの備えに債券を外すべきでないと話している。

長期国債にも意味がある。
現在の政府の政策や経済の重大な変化を考えれば、将来を正しく予言するのはほぼ不可能だ。・・・
現在の債務について、潜在的な債務デフレを心配すべきだ。
そう予想するわけではないが、25%は債券を持つべきだ。


-投資
-, , , , , , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。