河野龍太郎氏:円安・インフレのスパイラル

執筆:

出口での緩和の効きすぎ

最終局面での緩和強化はどのようなリスクをもたらすのか。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
「問題となるのは、緩和的な金融環境をあえて放置する制度設計が、一段の円安とインフレ高進のスパイラルをもたらすリスクだ。
・・・
(金融引き締めでも)円安が止まらず、インフレスパイラル的様相が強まる場合はどうなるのか。
その際、生じているインフレスパイラルの根底には、財政インフレの存在があることに人々は気が付き始めるだろう。
この場合、短期金利や長期金利の誘導目標の引き上げそれ自体が利払い費の急増懸念をもたらし、事態は一段と深刻化する。」



もちろん国債の利回りを低く抑えることが目的なら、今と同じように日銀が最後の1円まで国債を買えばいい。
しかし、それは量的緩和への回帰であり、本来出口で進むべき道とは真逆の方向性だ。
河野氏は、「公的債務の膨張を懸念し、円安とインフレのスパイラルが生じているのだとすると、日銀が無制限購入で長期金利の急騰を抑えにかかることは、事態をさらに悪化させる」と指摘している。

日本に残された2つの道

インフレ・スパイラルが起こってしまえば、日銀の金利抑制は再開され、政府は財政再建を余儀なくされる。

  • 「金利政策は財政破綻を避けるために長期金利の上昇回避」
  • 「円安とインフレのスパイラルの回避には財政政策」

こうした政策が王道であると考えつつ、河野氏は、これが唯一の道でないことも認めている。
もう一つの道とは

  • 日銀が金融抑圧を続ける
  • 財政は再建されない

言うまでもなく、円安・インフレのスパイラルを放置する道である。

出口には財政再建が必須

河野氏は、財政従属に陥った日銀の出口戦略の難しさを再説する。

「日銀の出口戦略がうまくいくかどうかは、結局のところ、日銀の金融調節の技量というより、政府の財政健全化の進展にかかっている。
政府の財政健全化が足踏みし、国債発行量が減少しなければ、日銀は長期金利の誘導目標を引き上げることも難しい。
同じことだが、国債購入量を減額することも難しい。
この場合、最終的に長期金利の上昇を抑え込むことができても、円安によるインフレの加速は避けられない。」

なお、河野氏は日銀保有のETF・REITについて「政治的反発」から「持ち切りのままで、半永久的にバランスシートから外れることはないだろう」と予想している。


ページ: (1) (2)

 - 国内経済 ,