榊原英資教授:年内のテイパリングはない

Share

ミスター円こと青山学院大学 榊原英資教授がBloombergのインタビューに応えた。
量的緩和について、黒田総裁はまだテイパリングも出口も考えていないだろうと言う。


「彼(トランプ大統領)のやってきたことは相当に異常なことばかりだ。
いろんなところに影響が及ぶはずだ。」

榊原教授は、大統領就任までの「トランプ熱」(株高・ドル高)も覚め、市場は少し下げるのではないかと予想している。
市場はようやく現実の政策を心配し始めたところだという。

黒田日銀総裁の胸の内

黒田総裁は、財務省時代、榊原教授の後任の財務官だ。
「黒田総裁は友人であるため自分にはバイアスがある」と断りつつ、榊原教授は黒田総裁の内心を代弁している。
教授が推測する黒田総裁の胸の内はこうだ:

  • 現状の経済に満足している。
    「成長率は1%と成熟した経済ととしては合理的な水準だ。
    インフレは0-1%のレンジにあり、デフレ状態からは脱した。」
  • イールド・カーブ・コントロールは効いていると考えており、同政策を継続する。
  • イールド・カーブ・コントロールは円安誘導を目的としていない。
  • 次第に100円程度まで円高が進むと考えているのでは。
    「1ドル100円は日本経済にとって問題となる水準ではない。」
  • 2%の物価目標は放棄しないが、目標を達成するとも考えていない。
    「1%のインフレで満足なはずだ。
    仮に2%の目標を放棄してしまえば、それは日銀の政策変更を示唆しかねず、周囲はそうとるだろう。
    それは望まない。」
  • 年内のテイパリングはない。
    「金融緩和は従来どおり続け、現時点で出口は考えていない。
    いずれ考えるだろうが、今ではない。」

(次ページ: テイパリングの2つの意味)