日本銀行
 

植田和男教授:マイナス金利の物理的・経済的限界

ソロス・チャート

余談になるが、植田教授はマネタリー・ベースとヘリコプター・マネーについても言及しているので紹介しておこう。
異次元緩和が初期において円安・株高に「予想外の大きな影響をもたらした理由」の一つを植田教授はこう書いている。

「ベースマネーが増えれば、自国通貨安になるという相関を盲目的に信じている投資家が存在し、彼らが反射神経的にQQEに反応したというものである。
しかし、既に指摘したように、・・・、為替レートを動かす理論的根拠はない。」



いわゆるソロス・チャートで為替の売買をしている投資家の話だ。
この信仰については、すでに現実に成立しないことがわかっている。

ヘリコプター・マネー

植田教授は、ヘリコプター・マネーが実施されるか否かは財政政策次第という。
すでに、金融政策はアクセル全開の状態だ。
ヘリコプター・マネーとなるか否かは、財政政策が燃料を送り込むか否かにかかっている。
現時点で日銀に財政政策の実施を許すような考えは日本には存在しない。
つまり、日本が将来ヘリコプター・マネーに踏み出すか否かは、日銀ではなく政府の問題だ。

政府が燃料を送り込めば、その帰結はやはり危うい。

「ヘリコプターマネーは過去のほぼ全てのハイパーインフレーションの原因である。
したがって、仮に首尾よくインフレ率の引き上げに成功したとしても、適度の水準で停止できるかどうかには大きな疑問符がつく。」


ページ: (1) (2)

 - 国内経済