格差問題を一瞬で解決する方法:スタンリー・ドラッケンミラー

スタンリー・ドラッケンミラー氏が、米政界で語られるキャピタル・ゲイン増税について一定の理解を示している。
複雑な格差問題を抱える米社会の一断面を垣間見せるような発言だ。


「みんなを驚かせよう。
私はある程度バイデン(元副大統領)に賛成だ。」

ドラッケンミラー氏がCNBCでキャピタル・ゲイン課税についてコメントした。
大統領選の民主党候補となるべく出馬を表明しているバイデン元副大統領が同税率を引き上げるべきと示唆していることに一定の理解を示したものだ。
増税すれば傷つく人がいるから積極的に賛成はしないが、趣旨は理解するということらしい。

目論見どおりこれはキャスターらを驚かせた。
後にキャスターが関連質問をすると「私はまだ保守派だ。安心して。心臓麻痺を起こさないで」となだめ、笑いを誘っている。

ドラッケンミラー氏は、反対論に対して疑問を呈している。

私は宣伝されているほどにはキャピタル・ゲインが投資を促進するものとは考えていない。
ラリー・ページ、マーク・ザッカーバーグ、ジェフ・ベゾスが
『なんてこった、キャピタル・ゲイン課税が35%になる。
ならAmazonやGoogleを創業するのはやめよう。』
なんて言うとは思わない。

サプライサイドを重んじる人たちが言うほどにはキャピタル・ゲイン課税に問題があるとは思えないというのがドラッケンミラー氏の考えのようだ。
格差拡大が本当に問題ならば、その解決を妨げるほどのものではないということだろう。
逆に、ドラッケンミラー氏は本当の問題点も指摘している。


「キャピタル・ゲイン増税の本当の問題、私はそれに対する答を持ち合わせていないが、それが税収を大して増やさないかもしれないことだ。」

ドラッケンミラー氏は保守派を自称するから、政府が大きくなりすぎないことの重要さを信条としているのだろう。
言い換えれば、過剰な税を望まない。
それでも、キャピタル・ゲイン増税には理解をしめしている。
しかし、税収という面でいえば、それは大した恩恵をもたらさない。
つまり、ミクロには意味があっても、マクロには大きな効果をもたらさない。

指摘した格差をいともたやすく解決する方法は何か?
何か経済にとって壊滅的なことをやればいい。
株式市場が40%下落すれば、格差は大きく縮小するんだ。

ドラッケンミラー氏は、米国の実質賃金が40年ぶりに上昇したことを紹介する。
つまり、ボトムは改善している。
一方でトップはさらに大幅に豊かになったため、格差が拡大したのだ。
この格差拡大の大きな要因となったのが資産価格だから、資産価格が暴落すれば格差は縮小することになる。
もちろん、ドラッケンミラー氏はそれが解決策だとは考えていない。

キャピタル・ゲイン課税の税率を引き上げるべきなのか。
ドラッケンミラー氏は経済活動に及ぼす正味の影響という観点からコメントしている。

私はラッファー曲線を信じている人間だ。
米国が(曲線上の)どこにあるかはわからない。

米国における伝統的・良心的・中道寄り保守派とはこういうタイプの人たちだった。
それが共和党の中でプレゼンスを失っているように見える。


 - 海外経済, 政治