Exclusive 投資

株式投資はポジティブサム・ゲーム:ウォーレン・バフェット
2021年2月28日

ウォーレン・バフェット氏の株主向け書簡の第4弾: 株式投資でリターンを得るプロセスを解説し、投資家がやってはいけないことを教えている。


バークシャーでは56年にわたりハンバーガーとコークを提供してきた。
この食事に惹かれてきたお客さんを私たちは大切にしている。

バフェット氏が年次の株主向け書簡で、長く続けることの重要さを説いている。
これは株主との関係であり、経営であり、事業であり、投資でもある。
バフェット氏は、投資家を惑わす多くの存在を指摘する。

「米国ほかにいる数千万の他の投資家・投機家は自分の好みにあう様々な株式選択をしている。
魅力的なアイデアを持ったCEOや市場のグルを探そうとする。
株価目標・操作された収益・『物語』を求めるなら、提供してくれる人は必ずいるだろう。
『テクニカル分析のプロ』は自信ありげにクネクネしたチャートが株価の次の動きを示していると教えてくれるだろう。
行動しろという声は止むことがない。」

この文章からわかるように、バフェット氏は、投資家を助けようとする親切な人たち、銘柄をアドバイスする人、テクニカル分析の達人を危険視している。
こうした人たちの教えに応じて「行動」しすぎることが往々にして悪い結果をもたらすためだ。
バフェット氏は「多くはうまくいかない」と言い切っている。

結局、株式の保有とはかなりの部分『ポジティブ・サム』ゲームなんだ。
実際、S&P 500の全銘柄をボードに列記してダーツを投げることでポートフォリオを組み上げている忍耐強く分別のあるサルは、当初の『選択』を変えようという誘惑に駆られない限り、長い目で見て配当とキャピタル・ゲインを享受する。

バフェット氏は農地・不動産・企業の所有権(つまり株式)は、大きな富を生み出し、これらの所有者の多くが報われると書いている。
ただし、報われるためには、いくつか守るべきことがある。

唯一必要なのは時間の経過、静かな心、十分な分散、取引・手数料を最小に抑えることだ。
投資家は、それら支出がウォール街の所得になることを忘れてはいけない。
私のサルとは違い、ウォール街の人たちは安月給では働かない。


-Exclusive, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。