海外経済 投資 政治

株価V字回復に潜む2つの伏兵:ジェレミー・シーゲル
2020年6月26日

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、米経済・市場に対する強気スタンスを継続する一方、2つのリスク要因についても言及している。


M1の27%の上昇は消えることはない。

シーゲル教授がウィズダムツリーのポッドキャストで、コロナ・ショック対応によって増加したマネーサプライの性質を説明した。
今回の米政策では単なる量的緩和ではなく、幅広く給付金・融資金が個人・企業に配られた。
これが消費に向かえば経済が潤い、インフレ圧力になる。
これが資産市場に向かえば、資産価格の上昇圧力になる。
重要なのは、誰かがM1増加分を使っても、それがなくなるわけではない点だ。
他の人がそれを受け取り、再び支出を待つことになる。

貨幣が一たび生み出されれば、少しは非常時のための貯蓄に回り、消費に回らないかもしれないが・・・
特に下位・中間の所得層の流通速度は極めて高く、お金がチェック口座に一たび入れば消費に回る。

経済にとって不幸なのは、個人・企業が受け取ったお金を消費に回さない場合だ。
これでは景気は良くならない。
しかし、この場合も、いくらかリスク資産に回るのだろうから、資産価格には上昇要因になりうる。
こうしたロジックが3月下旬以降の米市場の上昇を支えてきた。

リスク1)大統領・議会選挙

シーゲル教授はポッドキャストの中で2つのリスクについて数字を入れて予想している。
1つ目はトランプ大統領の(自滅による)苦戦が目につく11月の選挙の行方だ。

市場にとってより深刻なのは、大統領を民主党が獲ることより上院を民主党が獲ることだ。・・・
民主党が3つとも獲れるかはデッドヒートの状況らしい。

民主党が大統領・上院・下院を征すれば、バイデン氏の税制が実行可能になる。
左派ほど過激なものでないとはいえ、トランプ税制ほど企業・金持ちに有利なものにならないのは明らかだ。

法人税
シーゲル教授は、法人増税により税引後利益が10-15%程度減少する可能性があるという。
教授は、この効果が一過性のものではない点を強調している。

経済政策
「逆側のリスクが、民主党が恥ずかし気もなく支出し、支出を増やし、借金を増やし、貨幣を増やし、FRB金融緩和を強め、給付を増やし、刺激策を増やすことだ。
控えめにいっても、これらはすべて株式にはプラスだ。」

配当・キャピタルゲイン課税
「民主党が最高税率の層に対してかなり懲罰的な政策、配当・キャピタルゲイン課税の減税をいくらか逆行させようと考えていることも言及しておく。
これは株式にマイナスだ。」

リスク2)第2波による二番底

シーゲル教授は、経済と市場を完全に同一視することは理に適っていないと話す。

経済がU字回復するなら、それは株式市場はV字回復になることを示唆している。
株式市場は将来を織り込むからだ。
混乱している人もいるが、これは基本的なファンナンスなんだ。

株式市場が経済を先取りするのは事実だし、株価が将来キャッシュフローの価値の和であるのも正しい理論だ。
経済回復がL字になるならともかく、U字ぐらいなら、株式市場がV字回復するのも当然と言いたいのだ。
一方で、シーゲル教授は、経済がW字回復となる、つまり経済が二番底を打つシナリオを想定している。

「10月に有効な治療法がないうちに過酷で死者を生むパンデミックが再来し、第1波と同様に死者を生むが、第1波よりひどくはない。
こうしたシナリオが(経済に)二番底をもたらし、市場を下落させるのだろう。
3月の底は割らないと予想している。
FRBと政府があまりにも多くの資金を投入しており、この先も投入するだろうからだ。」

この経済のW字回復シナリオに対応する株式市場はどうなるのか。
それがシーゲル教授のワースト・シナリオであり、現在と3月の底値の間、現在から15-20%の下げになるのだという。
さらに、仮にこのワースト・シナリオが実現した場合、皮肉なプラスの副作用も得られるという。

これのいい点は・・・もっと多くのお金が発行されバラまかれ、インフレになり、企業・政府・家計などの人たちの債務負担が減ることだ。


-海外経済, 投資, 政治
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。