投資

株価急落の深層:ロバート・シラー
2020年4月6日

ロバート・シラー教授が、米国株市場についてほどほどの楽観を述べつつ、リスク・シナリオにも言及している。


急落があったから市場がすでにコロナウィルスについての疫学者の予想を織り込んだと仮定するのは単純すぎる。
この論理で言えば、株式市場は、ウィルスが予想より悪化した時にのみ下落することになる。

シラー教授がThe New York Timesで、株式市場の先行きを占っている。
教授は、今後数週間、米国内でウィルス感染状況が悪化すると予想している。
それでも、株式市場がどうなるかは別物だという。
シラー教授は、市場の転換点を予見することは不可能であるとし、投資家はそれを受け入れるべきと書いている。

市場の予想が難しいのは、市場が計算通りに動くものではないからだ。
シラー教授の市場を見る目は、まさに人間を見る目なのだ。
市場が急落するたびにオウムのようにアルゴリズム等のせいにする浅薄さとは一線を画している。

今日パンデミックが株価に与える影響は、独特のイベントに対する一連の感情的反応と理解するとよい。
人々は、リビングのソファーに座り、パンデミックを騒ぎ立てるテレビのニュースを見ながら、スマートフォンで株を売買している。

シラー教授は、最近の急落の一因が(意図されたものかどうかは別として)メディアによって生み出されたナラティブのパンデミックにあると暗示している。
教授はかねがね、ニュース・メディアの誕生前に重大なバブルは発生していなかったと指摘している。
メディアがバブル生成を助長したなら、メディアがその逆を行う可能性もあるのだろう。

市場は計算通りには動かない。
特に短期では顕著だ。
しかし、それでも計算を放棄してはいけない。

シラー教授はCAPEレシオの推移から市場の先行きを予想する。

私のあいまいな答は: 数か月ほど前ほどには高い値付けではない。・・・
CAPEがこの水準にある時、今後10年のリターンは悲惨なものにはならず、ほどほどにプラスになる傾向がある。
ここで止まるなら、次の10年、市場について楽観できる。

1月に31倍だったCAPEレシオが今は23倍まで下がった。
1881年以来の平均は17倍。
1929年のクラッシュ前が33倍、2000年のクラッシュ前が44倍。

「この見方でいうなら、市場は高め側にあるものの法外というほどではないことになる。」

CAPEはPERに修正を施したものだ。
短期・中期的な収益の変動に左右されないよう、利益には10年間の平均を用いる。
(さらに、インフレの影響も修正している。)
つまり、今後の利益が低下してもCAPEをすぐに大きく押し上げることはない。
押し上げるとすれば、株価上昇だ。

シラー教授は、株式への長期投資にそこそこのリターンが期待でき、現状の低金利においては魅力的なものになると予想している。
その一方で、リスク・シナリオも提示している。
何十年にもわたって投資家を弱気にさせるナラティブが定着するシナリオだ。

私が心配するのは、現在の不安な状況が、1929年の株式市場クラッシュのように、数十年にわたってみんなの記憶に残るのではないかということだ。
そうなると人々はリスク回避的になり、株式市場のバリュエーション低下の予兆となりうる。

シラー教授は、1929年のクラッシュとその後の大恐慌が、90年以上も人々の記憶に残り続けたと紹介する。
S&P 500の実質ベースのトータル・リターンで見ると、1929年のピークに戻すまで7年かかったという。
1937年に市場は再び下げ、再び1929年の水準に戻したのは1949年だ。

シラー教授はコロナ・ショック前の昨年、次の景気後退が1937-38年に似たものになりうると予想している。
1937年といえば、レイ・ダリオ氏が繰り返し言及していた先例の年でもある。

シラー教授は投資家へのアドバイスとして、耐えられないほどの損失を被らないよう株式へのエクスポージャーを限定しておくよう書いている。
しかし、教授が奨めたいのはもっと他のことのようだ。

私は株式市場について心配しすぎないようにしている。
一番起こりそうなのは、厳しい忍耐を迫られるようになるリスクはあるものの、株式が今後数年そこそこ良いだろうということだ。
私はもっと家族のコロナウィルスからの安全に気を使いたい。


-投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。