海外経済 投資

ブラックロック 日本・EM・ハイイールド選好を継続:ブラックロック
2020年2月20日

資産運用の世界最大手ブラックロックが昨年末に公表した2020年世界見通しを微調整している。


2020年、緩和的金融環境に助けられ経済成長は小幅上昇するだろう。
規模・期間が不明なコロナウィルス大感染が世界の経済成長見通しにダウンサイド・リスクを与えているものの、私たちはほどほどにリスク選好する投資スタンスを継続する。

ブラックロックが世界見通しの「2月見直し」で、リスク資産への「ほどほど」の強気スタンスを継続している。
同社は、金融市場の脆弱性が増していることを認めつつ、それでもなおサブプライム/リーマン危機前のピークと比べると「はるかに小さい」と指摘する。
このため強気を継続するが、ポートフォリオの「回復力」が重要になると指摘している。

強気の背景にあるのは、やはり世界各地域の金融政策だ。

  • 米国: FRBはハト派転換後、停止中。
  • 欧州: 金融政策の余地は小さく、財政政策しか期待できないが「2020年には予想しない」。
  • 新興国市場: 金融政策の余地あり。

金融政策はすでに緩和的であり、米国・新興国市場ではさらなる緩和余地もある。
これが経済成長を小幅に上昇させ、リスク資産を支えるとブラックロックは予想している。
一方、リスク要因も2点挙げている。

  • マクロ経済のレジーム変化: 例えばインフレ上昇と成長鈍化。
    「これは時間とともに株式と債券のリターンの間の負の相関に圧力を及ぼし、債券の分散にかかわる性質を減らすかもしれない。」
    投資分散の効果がますます効きにくくなる可能性を指摘している。
    ブラックロックは以前から緩衝材としての米国債投資を奨めていた。
  • 経済成長鈍化: 米中摩擦は完全に終わったわけではない。

資産クラスの選好は、従前の考えを継続している。

堅調な経済成長見通し、マクロ経済環境と比較してまだ合理的と見える価格を理由として、株式とクレジットのほどほどのオーバーウェイトを継続する。

シクリカルな資産に上昇可能性があるとし、日本株、新興国市場株式、新興国市場債務、ハイイールドを選好している。
米国株には依然慎重で、検討するならクォリティ銘柄と条件を付けている。

ブラックロックは、債券利回りが過度に低下し、さらなる低下余地がなくなることで、緩衝材としての効果が失われつつあると指摘する。
本来ならリスク・オフ局面で買われるはずの債券だが、利回りがゼロ近くになると下落余地がなくなる(価格上昇余地がなくなる)ためだ。
このため、債券についての考え方を微調整している。

私たちは、短期的に短期の米国債、戦略的配分の潜在的レジーム変化に対する回復力の源泉として長期米国債とTIPSを選好する。


-海外経済, 投資
-, , , , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。