企業

新聞事業を1.4億ドルで売却:ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェット氏が、自身のトレードマークともいえる新聞事業を売却した。


バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイが新聞事業をリー・エンタープライズに1.4億ドル(約150億円)の現金対価で売却した。
買い手のプレス・リリースにより明らかになった。
バークシャーはリーに対し5.76億ドルのローン(25年、9%)を実行し、リーはその一部を買収の対価に充てる。
残りはリーの残債のリファイナンスに充て、バークシャーはリーへの唯一の貸し手となる。
当該事業の支配権はリーに移るが、金融面ではバークシャーがかなりの影響力を持つとことになる。

リーと当該事業の関係は深い。
2018年7月からリーはバークシャーと運用委託契約を結び、当該事業の運用にあたってきた。
事業面ではすでに1年半前からリーが主体になっていたわけだ。
今回はそれが自己資本面にまで及ぶ。
バークシャーは今後長い時間かけて、リーに対する金融面での支配力も薄めていくことになろう。

当該事業の修正EBITDAは0.474億ドルだった。
買収対価は修正EBITDAの3倍弱と、かなり低く見える。
もっとも、バークシャーは利率9%の超長期ローンの方でしっかり儲けるのだろう。
リーがうまくいけば、バークシャーは(米国債に対する)スプレッド7%を手にする。
リーの経営が難しくなれば、債権者としてリーの経営権を獲りにいくこともできる。
(ただし、業績に関するコベナントはついていない。)

バフェット氏はコメントの中で、リーとの40年以上にわたる関係を強調し、売却先として最善である点をアピールしている。

バークシャーA株の時価総額は5,500億ドル超。
かつて、バフェット氏のトレードマークとされた新聞事業の売却対価はその0.025%にすぎない。
バークシャーは巨大投資会社に成長する中で、大きく変化してきたのだ。
新聞事業といえば、自然独占が働きやすい、バフェット流投資のお手本として度々紹介される分野だった。
しかし、それもデジタル化の波には逆らえず、地域ごとの独占・寡占が意味をなさない構造に変化していた。
一度買ったら買ったっきりというバフェット流投資も、破壊的技術の前に屈することがあるのだろう。


-企業
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。