海外経済 投資

ブラックロック 新たな投資の秩序が運用を変える:ブラックロック
2020年12月9日

資産運用の世界最大手ブラックロックが、2021年の世界見通しを公表しているが、そのタイトルが「新たな投資の秩序」とされている。


「私たちは新たな投資の秩序に突入した。
コロナウィルスのパンデミックは、経済・社会が4つの軸についてどう機能するか、深いシフトを加速させた:
持続可能性、格差、地政学、そして共同マクロ政策の革命だ。
私たちはこれが投資ポートフォリオについて根本的な再考を迫っていると信じている。」

ブラックロック投資研究所が7日、自社サイトで来年の見通しを公表している。
言及されている「共同マクロ政策の革命」とは、協調的財政・金融政策を指すものだろう。
同社の書きぶりからは、投資運用の枠組みが変わるとの切迫感が感じられる。
レポートでは来年の投資テーマが3つ上がっている。

  • 「ニュー・ノミナル」: コロナ後インフレが上昇しても名目金利は低く据え置かれる。
  • グローバル化の巻き戻し: 効率を犠牲にしても安全なサプライチェーンが優先される。
  • 構造変化の加速: サステナビリティ重視、格差拡大、Eコマース拡大(実店舗没落)。

さらに、この3テーマの長期・短期投資に対するインプリケーションを挙げている。

  • ニュー・ノミナル →
    • 長期投資: 国債をアンダーウェイト。株は実質金利低下に支えられる。
    • 短期投資: 低金利はリスクテイクに有利。米国株・ハイイールドを選好。
  • グローバル化の巻き戻し →
    • 長期投資: 国別分散。ベンチマーク以上の中国エクスポージャー。
    • 短期投資: 新興国市場、特に日本以外のアジアの株式を選好。日欧をアンダーウェイト。
  • 構造変化の加速 →
    • 長期投資: 持続可能性の高い資産を選好。
    • 短期投資: 片方がテクノロジーとヘルスケア、もう片方が厳選した循環銘柄で構成するバーベル・アプローチ。

しかし、これだけでは、このレポートの持つ切迫感が伝わらないかもしれない。
レポートでは「ニュー・ノミナル」の意味合いを説明している。

「『ニュー・ノミナル』とは単に今後5年間の高いインフレ期待に関するものではない。
それは、短期的に経済成長が強まり、債券の名目利回りの典型的な上昇がなく、最終的にインフレが上昇するということを意味している。・・・
以前のインフレ上昇の例では、投資家が高い付けを払わされた。
金利上昇につながり、割引率の上昇を通して多くの資産クラスでバリュエーションが圧迫された。」

過去の金融政策のレジームでは、インフレが程よい水準から上振れすると、金融引き締めが行われてきた。
インフレ上昇を回避することに高い優先順位が置かれ、金融引き締めの結果、経済・市場が冷えることも多かった。
これが景気・市場のサイクルを生み出してきた。
その状況に変化がみられる。
FRBはインフレが目標を越えても金融緩和を続けると宣言している。
これがしばしサイクルを取り払ってしまうかもしれない。

政策革命が意味するのは、今日の水準からのインフレの上昇が、過去の例と比べて、リスク資産に有利に働く可能性が高いということだ。


-海外経済, 投資
-, , , , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。