海外経済 投資

ハワード・マークス 打ち出の小づちには罠がある:ハワード・マークス

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、マクロ予想を行わないとしながら、異例の規模の刺激策がもたらしうる好ましくない結末を心配している。


今は臨機応変に振る舞うべき時だ。
そうしながらも私たちの基準を維持するのがとても難しい。

ディストレストの専門家マークス氏がBloombergで話した。
今やオークツリーは活躍の場を米国以外にも広げている。
米市場よりアジアや欧州での活動が多くなっているという。

オークツリーはマクロ・ファンドではない。
ディストレスト分野のミクロ・ファンドだ。
マークス氏自身、社の方針としてマクロ予想に基づく投資判断は下さないと言い切っている。
マクロにはもちろん為替、インフレ、金利も含まれる。
しかし、キャスターから、長期的なドル安、インフレ、金利上昇は心配しないのかと尋ねられると、それには心配すると答えている。

ある国が莫大な債務を増やし、莫大な貨幣を増発し、借金返済・借換え・利払い・財政赤字のために莫大な借金をする時、条件反射的な反応は、ドルの流通量が多すぎるためにドル安が起こる、というものだ。
米国は、国民から財政赤字分を調達するのが困難になる。

あくまで一般論としての考えを述べたものだが、至極常識的な見解だろう。
マークス氏は、FRBのコミュニケーションに半ば不信感を抱いているようだ。

「現在FRBは明確に心配不要と言っている。
彼らが正しいことを祈っている。
注目しよう。
彼らは、速すぎる経済がインフレを引き起こすより、遅い経済の方が大きな心配事だと主張している。」

マークス氏の心中は(時期はどうあれ)インフレや金利上昇が起こるだろうとの考えなのだろう。
一方で、マクロ予想に基づく投資判断をしないとも決めている。
だから、心中はどうあれ、マクロ予想を述べることはしない。
答は、わからない、だ。
米国で今行われている財政・金融刺激策は前例のない規模だから、その結末も予想がつかないと述べている。

キャスターから、米社会において、政府債務が問題ではないとする風潮が広がっていることへのコメントを求められると「信じがたい」と答えている。

「米国がクレジットカードを持っているようなもので、利用限度額が無限、よって返済の必要がない。
これは真実であるにしては都合が良すぎる。
誰かそんなカードを私に発行してくれるというなら、私は罠を探す。
私が言いたいのはそれだけだ。」


-海外経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。