ハワード・マークス

 

弱気相場でAmazon株に起こること:ハワード・マークス

Oaktree Capitalのハワード・マークス氏とジャンク債の帝王マイケル・ミルケン氏の対談の第5弾。
パッシブ投資・インデックス投資の問題点について平易に説明している。


「パッシブ投資やインデックス投資がそれ自体で市場の水準を押し上げるとは思わない。
しかし、ある株式の人気を上げ、ある株式の人気を下げることはする。」

マークス氏がミルケン氏との対談で、聴衆からパッシブ投資・インデックス投資拡大の市場への影響を尋ねられて答えている。
市場全体の水準を上下するとは考えないが、銘柄ごとの上げ下げを左右するとの指摘だ。
株が買われている時、指数採用銘柄が上がりやすいのは日頃目にするところだ。

マークス氏は、その問題点を詳しく説明する。

パッシブ/インデックス投資のカギは、誰もその株式を買うべきとも、今日の株価が妥当だとも言わない点だ。
インデックスやパッシブのやり方は、企業の良さや価格の妥当さには関係ない。
だから、ある株式をあるべき株価より上げ、ある株式を下げるという意味で、市場にバイアスを与える可能性がある。

ファンダメンタル分析に関係なく、さらにはテクニカル分析にも関係なく、採用銘柄が買われていく。
これが、個別銘柄の価格形成に不合理な影響を及ぼしうる。
これは問題なのか。
それは巻き戻す時に発現しうるという。


たとえばAmazonはバリューETF、グロースETF、ハイクォリティETF、ラージ・キャップETF等に組み込まれ、資金を引き寄せている。
みんなが考えを変えて売ろうと思ったら、誰がこういう銘柄を買うんだ。
買われた時に自動操縦で価格がどんどん上げてきたなら、誰がそれに買い向かうんだ。

10年に及ぶ強気相場でパッシブ/インデックス・ファンドの多くがアクティブ・ファンドをアウト・パフォームした。
ただでさえ手数料は前者の方が安い。
パッシブ/インデックス・ファンドが拡大するのも当然だった。
問題は弱気相場でどうなるか。
パッシブ/インデックス・ファンドは市場の下落とともに下落する運命にある。
その時、ファンダメンタルズと関係なく買われていた構成銘柄には何が起こるのか。

最後に、マークス氏小咄を2つ:

(債権者の保全方法について話していて)
「ドナルド・トランプが破産しないで済んでいる理由の1つを知ってるかい。
銀行が彼のカジノの資金を貸し出していて、返してくれと言った。
トランプは『金は返さないが、カジノのカギを渡そう』と言った。
銀行はカギを受け取るのを恐れ、トランプが経営し続けるのを承諾した。
実話だよ。」

(格付会社の役割について尋ねられた時のことを回想して)
「私は言ったんだ。
『格付会社の役割とは間違えることだ』とね。
彼らが高すぎる、あるいは低すぎる格付を出せば、それが私たちの獲物になるんだから。」


 - 投資 ,