市場の底と天井の見極め方:ジェフリー・ガンドラック

米財テク誌Kiplingerがジェフリー・ガンドラック氏の特集記事を掲載している。
最近の同氏の名言集が付されているので、中からいくつか紹介しよう。


市場が本当に売られて弱気になる時の感覚を覚えておかないといけない。
それが底なんだ。
逆もそうで、市場が下落を始め、人々が受け入れようとしない時だ。
その時こそ、ヤバイという感覚を持たないといけない。

ガンドラック氏は、「Buy low, sell high.」こそが最高の投資アドバイスだと言う。
しかし、実行はそう容易ではない。
何が「low」で何が「high」かは、機械的に数字で判断できるものではないからだ。
底や天井は算数によって見出されるものではなく、市場心理・ナラティブのようなものから見出されるはずと説いている。

読者が気になるのは、現在が天井を越したのかだろう。
ガンドラック氏は、株式市場が弱気相場入りしたと言っている。
果たして現在の状況は、同氏の描写する天井に合致しているだろうか。
強いていうなら、人々が下落を案外素直に受け入れているのが気になるところだ。


名言集では、ガンドラック氏の尖った投資家ぶりを示す言葉も並んでいる。

自身の財産のほとんどを自社に投資している
「自分の資産の運用については自分以外を信頼していない。」

ダブルライン(運用会社自体)の上場
絶対に上場しないし、自分がCEOのうちは持分(の一部)を売ることも考えないという。
「再び他人に仕えるつもりは全くない。
絶対、絶対だ。」

なぜ引退しないのか
自身の成功を考えれば、とっくに引退して幸せに過ごすこともできたと認めている。
それでも、ガンドラック氏には引退の選択肢はないようだ。
「本当のところ、これは仕事ではなくて、単なる生活なんだ。」

引退後のための貯蓄法
妙案はなく、たくさん貯めることだという。
そのためには「稼ぐ金額より使う金額を小さく」すること。
ガンドラック氏は毎年、所得の8割を貯蓄しているそう。
つまり、2割を支出にあてている。
おそらくこの2割でも私たちの所得よりいくつか桁が多いはずだから、このアドバイスだけは説得力は薄い。


 - 投資 , ,