米ドル

 

学ぶべきは借金、税金、クラッシュ:ロバート・キヨサキ

実業家・投資家・ベストセラー作家のロバート・キヨサキ氏が、経済・市場の将来を予想している。
厳しい予想の中、投資家に基本的なアドバイスを与えている。


大きな問題は教育だ。

キヨサキ氏がThe Income Generation Showで金融リテラシーの課題を指摘した。
『金持ち父さん』シリーズでベスト・セラー作家となったキヨサキ氏は、金融・投資の教育が適切になされていないと主張してきた。

「私がフェイク・ティーチャーと呼ぶ理由は、しばしば教師がお金のことを何も知らないためだ。
私の可哀そうな父はスタンフォード、シカゴ、ノースウェスタンで学びPhDを取得したが、お金のことは何も知らなかった。
そして失業し、その後は家族全員が苦しんだ。」

『金持ち父さん』シリーズは『金持ち父さん 貧乏父さん』(アマゾン)をはじめとする一連の書籍。
貧乏父さんは実の父、金持ち父さんは友人の父と言われている。
この2人の考えを比較しながら教訓を引き出していく。
今回は新著『FAKE: Fake Money, Fake Teachers, Fake Assets』(アマゾン)のPRのための出演だったようだ。

学校の先生がお金のことを知らないのは事実かもしれない。
彼らの多くはしょせん教科書程度の知識しか持っていない。
しかし、キヨサキ氏の意見はもう少し乱暴だ。


「今私たちが学ばなければいけないのは、借金、税金、クラッシュだ。
トランプ大統領も私も不動産屋だ。
私たちは借金を100%駆使して、合法的に税金をゼロにしている。
クラッシュは私たちを金持ちにしてくれるんだ。」

ドナルド・トランプとの共通点

キヨサキ氏は不動産投資家だ。
トランプ大統領との共著も2冊ある。
キヨサキ氏もトランプ大統領も何度かの破産で債務負担を逃れている。
倒産で焼け太るやり方を熟知している。
(トランプ大統領が納税申告書を公表しない理由は、この焼け太りが明らかになるのを嫌っているためとの説もある。)
もちろん違法ではないが、こうしたやり方は決して全体のパイを増やすわけではない。
ゼロサム・ゲームの中で、自分が得をするためのやり方だ。
もちろん知らなければ損をするのだから、知っているのが望ましい。

「それこそ子供たちに教えるべきことなのに、教えない。
長期でバイ&ホールドし、祈れと教えている。
高頻度取引などが知られているように、お金の世界のルールはすべて変わってしまったんだ。」

確かに投資や家計の世界は大きく変化をしている。
ただただ仕事だけに打ち込めば、確実に報われる時代ではない。
ただただ正統的な投資に徹すれば、確実に報われるわけでもないだろう。

しかし、こうした話はいわば金融工学、あるいは金融上の錬金術の話にすぎない。

(次ページ: 米市場・経済の未来)


ページ: (1) (2)

 - 海外経済, 投資 ,