投資

大きなショックがない限り:モハメド・エラリアン

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、経済や市場が後退に向かう条件として相応の強さのショックの発生が必須と話している。


「米国は正当な理由で勢いを失いつつある。
医療状況が悪化したため、人々は就業を減らし企業は閉鎖しつつある。
後退するかといえば、大きなショックがないかぎりありそうにない。」

エラリアン氏がBloombergで米経済に慎重な意見を述べる一方、すでに後退しているとの見方には否定的な発言をした。
後退を引き起こしうるショックの例として、政策の失敗や市場でのアクシデントを挙げている。
それがなければ、経済はペースを落としつつ回復を続け、ルート型の軌跡になるという。

経済回復が鈍化する中、市場は最高値圏にある。
この乖離について、エラリアン氏は順張りにも逆張りにも慎重だ。

いつかは失速するし、それがいつかは誰にもわからない。・・・
私はこの高いバリュエーションから再参戦したいとは思わないが、テクニカル面を尊重すべきだ。
この押し目買いの心理は深く根付いており、ひっくり返すには大きなショックが必要だ。

理屈でいえば乖離が解消に向かう、おそらく市場が調整する可能性の方が高いのだろう。
しかし、市場は理屈だけで動くものではない。
市場の現実を見据えると、すぐに調整が始まる保証はどこにもない。

どの市場にリスクが存在するのか尋ねられると、エラリアン氏は不本意そうに答を返している。

「たとえ安全資産であっても、とても強いバランスシートの企業であっても、これほど高いバリュエーションまで来てしまった。
FRBの傘の下にある投資適格債や一部ハイイールド債を除けば、現時点ではダウンサイドがかなり存在する。」

リスクは大きい。
しかも、リスクの所在はファンダメンタルズで決まるのではなく、政策で決まっている。
中央銀行が買い入れる資産は安全だが、そうでない資産は危険というわけだ。
投資に政策の観点が重要なのは今に始まったことではないが、私たちはずいぶんと遠くまで来てしまったようだ。

エラリアン氏は最近のドル安傾向についても尋ねられている。
安全資産として買われた結果のドル高から、投資家が方向性を変えているのではないか。
エラリアン氏は、以前大きく開いていた米独間の金利差が1%程度まで縮小した点を指摘し、意味を解説した。

米国は経済見通しという点で欧州を凌駕していない。・・・
私はもはや、米国がバリュエーションという点で欧州を凌駕しているとは思わない。・・・
以前ほどにはドル高方向に考えていない。


-投資
-, , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。