投資

グッゲンハイム スコット・マイナード 危険を覚悟することだ:スコット・マイナード
2020年2月19日

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、かつてない規模のバブルのリスクを警告している。


@BofA_Businessから素晴らしいチャートを見つけた。
リサーチによれば、中央銀行が供給する流動性が今年大きな(マネー)フローをフィクスト・インカムや株式ファンドに注ぎ込んでいる。

マイナード氏がバンカメのチャートをツイートしている。
以下がそのツイート:

このチャートには過去40年の7つの資産バブルとその崩壊が並んでいる。
金、日本株、アジア(タイ)、テクノロジー、米住宅、中国、バイオテック。
最後に「Disruptors」(破壊者)が、かつてのバブルを超える上昇を見せている。
DisruptorsとはDow Jones Internet Commerce IndexとNYFANG Indexの構成銘柄を同一の重みで指数化したもの。
概念としては2000年のテクノロジー・バブルと似たイメージかもしれない。

マイナード氏のメッセージはこうだ。

私たちはすべての資産バブルの源の真っただ中にあるのだろうか?
無視するならば、危険を覚悟することだ。

最後のひと上げで勝負するにせよ、その後には崖が待っていることを覚悟した上で勝負しろといいたいのだろう。


-投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。