加藤出氏:膨れた日銀の戻し方

インフレの種が温存される

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 FRBはバランスシートを膨らましっぱなしにする道を模索している。
(もちろん、賢い政策決定者の何人かはあらかじめこの展開を予想していたのだろう。
不作為・不言は嘘にならないという解釈のもとに。)


中央銀行のバランスシートが大きいことの何が悪いのか。
中央銀行にあっては、上下に金利変動リスクを大きく抱えることとなる。
不幸にして不利な金利変動が起こった時には財務リスクが顕在化し、通貨の信認が揺らぐ。
経済にあっては、マネタリー・ベースが拡大した状況が長く温存される。
これはマネーの種であって、何かの拍子に経済が過熱気味になると消費者物価や資産価格が急進を始める。
こうした変化がいつも食い止められるものでないことは歴史が証明している。
とりわけ、マネタリー・ベースが拡大している時は分が悪くなる。


投資へのインプリケーション

投資家はあながち悲観するべきものでもないかもしれない。
消費者物価上昇が資産インフレほどではないと予想するなら、インフレなど恐れず投資を進めるという手もあろう。
国が苦しもうが自分は利益を得ようという構想になる。

加藤氏は、日銀がFRBに比べてはるかに厳しい状況に追い込まれると予想している。
バランスシートの対GDP比率がはるかに大きく、大量の株式ETFまで買い入れているからだ。

ETF(のほとんど)には償還期限はないから、換金したければ売るしかない。
売れば(ETFの対象資産である)株は下がる。
とすれば、日銀が買い入れたETFを手放すチャンスはバブルのような極端な株高の局面しかない。
そうしたチャンスが訪れて、日銀がETFや国債を手放すことができたとすれば、その次に何が起こるのか。
同じことの繰り返しにならなければいいが。


ページ: (1) (2)

 - 海外経済, 国内経済 ,