投資

全集中、強気の呼吸、強気の型、強気舞い:ジェレミー・シーゲル

永遠のブル ジェレミー・シーゲル教授は、福禄寿のような風貌で、今年も年初から株高を予想している。


これが示したのは、何も永遠に常に上げるものはないということだ。
ジョージアの(上院議員決選)選挙で少し神経質になっているのだろう。・・・
市場が一直線に上げている時こういう反応を起こすには、ほんのちょっとの失望があるだけでいいんだ。

シーゲル教授がCNBCで、年初4日の米市場の下落についてコメントした。
民主党が上院で実質過半数を獲れば増税の確率が高まり、株式にマイナス。
一方で財政刺激策の規模は大きくなる確率が高まり、株式にプラス。
教授は、選挙結果のいかんにかかわらず、強気予想は動かないと言う。
株式の下げは長くは続かず、今年も株式市場にとって良い年になると太鼓判を押している。

ただし、短期的には、これまでの上げが大きかった分調整もありうるという。

5%、もしかしたら10%までの短期的な下落があるかもしれない。
でも、元の軌道に戻るだろう。

シーゲル教授の確信を支えるのは金融・財政政策で経済・市場に供給された流動性だ。
大量の流動性が昨年供給され、今年も続くとし、それが市場にプラスに働くと持論を繰り返した。

シーゲル教授はFRBの金融政策について、インフレ目標の2%をかなり超えない限り行動を起こさないと予想する。
FRBは経済を支えようとし、バイデン政権も金融緩和を支持するだろうからだ。
今年中に将来のインフレへの対処を予め議論することはあっても、実際に対処することにはならないとの予想だ。

年初4日のS&P 500は3,700.65(昨年終値3,756.07に対し-1.48%)。
ダウ平均は30,223.89(同30,606.48に対し-1.25%)。

シーゲル教授は、今年のダウ平均のターゲットについて尋ねられ答えている。

ダウ平均はややグロースやテックが少ない。
ワクチンができ、再始動が起こり、バイデンがインフラ支出に前向きだ。
インフラについては両党ともに前向きだったが、過去より今年は可能性が上がった。
ダウ平均は容易に今年さらに10-15%上昇しうる。


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。