海外経済 国内経済 投資

Blackstone 倒錯したフィードバック・ループ:ブラックストーン
2020年2月29日

ブラックストーンのジョー・ザイドル氏が、現在の金融市場に存在する2つの倒錯した構図を指摘している。


ザイドル氏がCNBCで新型コロナウィルスの経済・市場への影響を解説していた。
同氏らしい堅い説明だったが、内容は同僚のバイロン・ウィーン氏のものと同じトーンのものだった。
その話より、ザイドル氏が指摘した、金融市場に存在する2つの倒錯した構図が興味深かった。

ここで起こったのは、私のキャリアの中で見たことのないフィードバック・ループだ。
・・・
良いニュースは良く、悪いニュースはより良く、最悪のニュースは最良になっている。

ザイドル氏が挙げた3種類のニュース(昨秋以降)とは:

  • 良いニュース: 米中貿易摩擦の第1段階合意、Brexit
  • 悪いニュース: 米国によるソレイマニ司令官殺害と原油価格急騰
  • 最悪のニュース: 人的被害の出たコロナウィルス
    「市場を押し上げ、先週金曜日までの35営業日で18回S&P 500の新高値を記録した。」

悪いニュースが出る度に、中央銀行が金融緩和を行う、あるいは、その用意があるとアナウンスする。
市場は市場でさっさと利下げを織り込んだり、長期金利を押し下げたりする。
結果、悪いニュースのはずが、資産価格を押し上げてしまう。
ゴルディロックスを都合よく解釈したようなこのフィードバック・ループが、倒錯した構図を生み出している。

ザイドル氏は、経済学者ハーバート・スタインの言葉を借りて「永遠に続きえないものは続かない」と話す。
ただし、短期的にはまだ続く可能性が残っている。

「今年少なくとも2回、おそらく3回FRBは利下げすると予想している。
だから、このフィードバック・ループに回帰するのかもしれない。
これは流動性相場で、それが秋以降の(市場の)ドライバーだった。」

もう1つの倒錯は、債務と利回りの関係だ。

現在の世界経済はすでに債務のリターン低下に苦しんでいる。
過去の10年は、史上最高の債務、最低の金利、そしてどんどん高まる(株価)倍率を生んできた。
それが繰り返すのかどうかわからない。
これからは低リターンの環境となり、投資に、より高い確信が要求されるようになるだろう。


-海外経済, 国内経済, 投資
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。