海外経済 投資

人生最良の投資:ジム・ロジャーズ

ジム・ロジャーズ氏が、市場・経済の見通し、最近の投資活動、人生最良の投資について話している。


市場心理(VIX)は最悪だ。
通常、そうなったら、リバウンドするものだ。

ロジャーズ氏がシンガポールMoneyFMのインタビューで、落ち着きを見せ始めた足元の市場について解説した。
同氏は、上昇がしばらく続く可能性があるとしつつも、再び危機に逆戻りすると予想する。
企業業績が悪化し、さまざまな経済主体が債務を膨らませるためだ。
ロジャーズ氏は、先行きをこう予想する。

後にもっと経済がダメージを受け、最後には金利が上昇するだろう。

ロジャーズ氏は、市場や経済の回復期のイメージを尋ねられている。
市場はV字またはW字回復になるかもしれないが、経済はL字かW字となり回復に時間がかかるだろうという。

ロジャーズ氏は、コロナ・ショックの前から、とどまることをしらない債務拡大を警告してきた。
原因が増大を続けているから、次の危機・弱気相場は「人生最悪」になるというロジックになった。
その原因はコロナ・ショックでさらに一気に悪化しそうだ。

ロジャーズ氏は、コロナ後の世界を次のように予想する。

私たちは債務についてより懐疑的になっていくだろう。
債務で多くの人たちが破壊されてしまうだろう。・・・
結果、世界中で債務を忌避するようになるだろう。

その他、注目の発言:

  • 最近買った株: ロシアの船会社、中国の複数のワイン会社
  • なぜ日本株を検討しているのか
    「日本株は最高値から大きく下げており、今莫大なお金をかけて市場を押し上げようとしている。
    これは日本にとっていいことではない。・・・
    しかし、しばらくのあいだ市場を押し上げるのにはいいのだろう。」
    買う買うといって、まだ買っていない。理由も少々軽薄だ。)
  • 航空会社
    米社のことはわからない。
    自分はアジアの航空会社、旅行会社、空港を物色している。

ロジャーズ氏は、人生最良の投資についても披露している。
こちらはなかなか心がこもった良い話だ。

何十年も私は子供を欲しいと思ったことがなかった。
子供を持つ人たちをかわいそうに思っていた。
・・・私は間違っていた。
子供たちは私にとって最良の投資だった。


-海外経済, 投資
-, , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。