ロバート・シラー:金はバブルだ

Share

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、通貨としての金とビットコインの可能性を比較している。
ビットコインには熱狂があるとしたものの、金の方に優位性を感じているようだ。



Robert Shiller: There’s a strange enthusiasm for bitcoin from CNBC.

私は金はバブルだと思う。
しかし、ずっとバブルだった。
いくつか工業的用途があるが、基本的には数千年続く流行のようなものだ。

資産価格の権威、シラー教授が金をバブルと言い切った。
金という資産には果実を生み出す性質はない。
それなのに高い価値が与えられている。
工業用用途で金の高い単価を正当化できるものではない。
宝飾品用途は、そもそも金が高いから宝飾品に用いられている面もあり、正当化の材料とはならない。
それなのに、金は価値の化体としての役割を長年務めてきた。

ビットコインには複本位制の熱狂が

かつて『根拠なき熱狂』という本を上梓したシラー教授は、ビットコインには不思議な熱狂があるという。

「みんな新たな貨幣本位制のようなものに興奮しているようだ。
金銀複本位制を覚えている?」

ビットコイン/USD
ビットコイン/USD

金をバブルと考えるぐらいだから、シラー教授はビットコインもバブルと考えている。
しかも、熱狂をともなう分、典型的なバブルだと考えている。

シラー教授は複本位制の候補として金とバブルを比較し、金に軍配を上げる。

「金はいくつかいい点を持っている。
携帯しやすく、確認しやすく、有力な論理的候補と言える。
私にはビットコインがそれほど論理的に有力な候補とは思えない。」

(次ページ: 全部売れとは言っていない)