ロバート・シラー:ビットコイン遊びは勉強になるかも

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、ビットコインへの対処の仕方をアドバイスした。
ビットコイン相場がますますバブルの要件を満たしていくようだと示唆している。


「(ビットコインがバブルかどうかは)バブルの定義の問題だ。
辞書にもバブルのきちんとした定義は書いていない。」


Is it too late to buy bitcoin? from CNBC.

以前はビットコインを典型的なバブルと語っていたシラー教授が、この日のCNBCでは少し慎重な言い方をしている。
最近の荒っぽい上げ相場で、ビットコインのバブル的性質を真剣に精密に見ようという気持ちにでもなったのだろうか。
シラー教授は自身の考えるバブルの定義を説明した。

「バブルとは投資に対して大きな興奮が盛り上がる時期。
他の人が大金を儲けたという話や羨望に駆り立てられて、人々が興奮のあまり中身も見ずに買いあさる。
ギャンブルのようなムードが出来上がる。
それがバブルだ。」


こう定義しながらも、シラー教授はバブルという現象を相対的な意味で捉えているようだ。
教授は、バブルが完全に間違っているわけではないという。
ただ、通常の市場の営みと比べ行き過ぎたのだという。

既にビットコイン熱の「感染」が始まりつつある。
ビットコインから距離を置いてきた人の中にも、急騰するビットコイン相場に興味を示す人が増えている。
教授はビットコインの現状と見通しを慎重に語った。

「ビットコインにはバブルの特徴がある。
どれだけ遠くまで行ってしまうのかはわかりようがない。
本当のところこの完全に新しい対象に何が起こっているか知りえないからだ。」

イェール大学の学生にもビットコインをトレードする学生がいるのだという。
そういう学生には、シラー教授は「多くは買わない方がいいよ」とアドバイスしている。
決して《近寄るな》とは言わない。

「ビットコイン相場で遊ぶのは構わない。
勉強にもなるかもしれない。」

確かに、ビットコインが成功しても失敗しても、後世の研究材料になるのは間違いなかろう。
だから、遊びや勉強のために小さく賭けるなら構わない。
シラー教授は、ビットコインは金額を極めて限定してやるか、高みの見物を続けるべきと話す。

「資産の多くの部分をビットコインに配分するのは間違いだ。
すでに10倍になったかもしれないが、それが(今後も)保証されるわけではない。」


 - 投資 ,