海外経済 投資

ブラックマンデー前???:ジェフリー・ガンドラック
2021年2月24日

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、米財政悪化、マーティン・ツバイクについてツイートしている。


さらなる刺激策がない場合でも、米連邦政府の債務は16日後に28兆ドルを超える。
もしも2兆ドル規模の刺激策が議会を通過すると、すぐに30兆ドルを超えることになる。
一方で、米国の未積立ての負担は30日後に160兆ドルを超える。

ガンドラック氏が23日ツイートした。

米国の名目GDPは21兆ドル規模。
すさまじいペースで債務対GDP比率が上昇している。
まだ、日本の数字には程遠いものの、背中が見え始めてるような感もある。
何しろ、日本は経常黒字国、米国は経常赤字国だ。

米国の未積立て負担は、4秒ごとに1百万ドルのペースで増えている。

実は、ガンドラック氏は、1つめのツイートで「未積立て」の綴りについて「unfunded」とすべきところを「unfounded」(未発見の)とスペルミスしている。
2つ目ではそれに気づいているが、あえて「unfounded」のままとしている。
その方がいいからという。
世の中が財政問題に麻痺した状況を皮肉っているのだ。
財政については様々な意見があろうが、ガンドラック氏は一市民として、債券投資家として憤りを感じているのだろう。

この日ガンドラック氏がツイートしたもっと重要なツイートがこれだ。

1987年10月初めのマーティン・ツバイクを感じている。

何も説明がついていないツイートだけに、確固たる解釈があるわけではない。
マーティン・ツバイクとは1987年の市場のクラッシュをピンポイントで予想したことで知られる投資家だ。
同年10月16日(金)、ツバイクはレギュラー出演していた「Wall Street Week」で米市場のクラッシュを予想した。
市場は19日(月)に22%超下げ、これがブラックマンデーと呼ばれることとなった。

10月初めなら、まだ19日でも16日でもないということなのか。
市場が勢いを失いつつあるだけでに、なんとも不気味なツイートとして受け取られている。


-海外経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。