ピーター・シフ

ピーター・シフ:1-2年遅れの不況で金融緩和へ

Share

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏は、FRBの金融政策正常化が頓挫すると予想している。
景気後退によってFRBが金融緩和を余儀なくされるというシナリオだ。

「確かにFRBは利上げをしたが、あまりにも小幅であまりにも遅かった。
公式の物価は、大きく上回ってはいなくても、利上げより上昇している。」


シフ氏はいつもの通りFRBの金融緩和策を批判した。
あまりにも低い金利は預金者の購買力を奪ってしまう。

米コアコアCPI(青)と実効FF金利(赤)
米コアコアCPI(青)と実効FF金利(赤)

米国が日本化した一面はここだろう。
銀行預金ではインフレに勝てない時代が長く続いている。
金利が低いから、マネーはリスク資産に向かわざるをえない。


「株式市場は上昇を続けている。
さらに今、ドル安が進んでいる。
弱いドルは金融環境を緩和的にする。」

この傾向は、FRBが利上げをスピード・アップしない場合さらに強まるという。
本来なら、市場がFRBの意図より緩和的なら、FRBは引き締めをスピード・アップするはずだ。
しかし、シフ氏は、その逆のことが起こると予想している。
まさに逆張りの見通しだ。

「実際、経済が不況に逆戻りして、FRBは再び利下げし、金融環境をさらに緩和的にすると考えている。
・・・
ドナルド・トランプが大統領選に買って、皆が偽りの楽観に浸っているため、不況が始まるのが1-2年遅れた。
しかし、それは回避できない。
FRBが引き締めていてこの緩和的な金融環境なら、FRBが金融緩和した時どれだけ緩和的になることか。」

米国株をはじめとするリスク資産を押し上げてきたものが低金利だとすれば、再度の金融緩和はリスク資産にプラスにも働くだろう。
米国株が割高と心配する声は多いが、一方で低金利が継続するとの見方も多い。
だから、リスク資産が今後上下いずれに振れるかが読みにくい。
仮に景気後退に転じても、その程度次第ではFRBは株価を下落から守り切ってしまうかもしれない。
このため、最近のシフ氏は、株価暴落をMustの予想とはしていない。
株価が名目で下がらない代わりに、米ドル安が進むシナリオも付け加えている。

Share