ピーター・シフ

 

ピーター・シフ:1日に80-90%下げてもおかしくない

執筆:

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏が、仮想通貨市場の終末を予想した。
本格的に下落が始めれば大暴落が起こり、投資家は資金を引き上げられない状況に陥るだろうという。

「ビットコインほかの仮想通貨は、ロケットのように急騰してきた。
・・・市場は常に上がる時よりも下がる時の方が急激になる。
・・・下がる時には1日に80-90%下げる可能性がある。」


シフ氏はKitco Newsのインタビューで、仮想通貨市場の大惨事を予想した。
それが「いつか」こそ予想しないものの、いつかは下がる時が来て、その時は大暴落になるのだという。
シフ氏は、仮想通貨の中でも特に草分けであるビットコインについて厳しい見方をしている。

ビットコインの後に生まれた仮想通貨の多くは、ビットコインより高速・安価な決済を提供できる。
ビットコインはすでに2回分岐し・・・無限の回数、分岐可能だ。


ビットコインのスピンオフを含め、仮想通貨は無数導入しうる。
無数に生成しうるメモリー上のデータが価値を持つことにシフ氏は疑問を呈する。
仮に仮想通貨の中に生き残るものがあるとしても、最も古く性能の劣るビットコインが生き残るという考えには無理があると示唆しているのである。

「金が本格的に上昇を始めたら、それがビットコイン・バブルを破裂させる針になるだろう。
(リスク回避を願い)『デジタル・ゴールド』を買ってきた投資家は、実物が上昇すれば実物を買おうとするからだ。」

シフ氏はビットコイン・バブル崩壊時には混乱が予想されると危ぶむ。
ビットコインを少額法定通貨に換えて引き出すことはできるが、高額を引き出すことはできないと予想されるからだ。
結果、価格が大暴落するのを指をくわえて眺めることとなり、過去の含み益は無残に消え去るのだという。


 - 投資 , ,