ピーター・シフ

 

ピーター・シフ:仮想通貨は紙屑にもならない

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏が、ビットコインなど仮想通貨は無価値になると断言した。
仮想通貨のラプソディに不吉な既視感を訴えている。


皆さんがビットコイン上昇に賭けることを推奨しない。
ビットコインがどれだけ上げようが、最終的にはゼロになるからだ。

シフ氏がTheStreetで言い切った。
わざわざここまで言わなくてもよさそうなものなのに、お節介にも仮想通貨によるギャンブル熱に冷水を浴びせている。
まっとうなことを言っているのだから、少々乱暴な言い切りではあるがよしとしよう。

「ビットコインがフェイド・アウトしつつあるのかどうかはわからない。
ビットコイン市場が天井を打つにはいい機会だった。
しかし、またそうはならなかったようだ。」

シフ氏は、自身が思っていた以上にビットコイン・バブルが膨張していたと話す。
ここまでバブルが膨張してしまったがゆえに、バブルの常として、さらに膨張しうるのだという。

「ビットコインは20,000ドルに戻りうるし、25,000、30,000もありうる話だ。
しかし、皆さんがそれに賭けることを推奨しない。
ビットコインがどれだけ上げようが、最終的にはゼロになるからだ。
完全にゼロになるか、ゼロに近くまで下げるかはたいした話ではない。」


今ビットコインを買えば、一時的に含み益を得ることができても、結局は巨額の損失を負うことになると警告している。
ひとたび人々がビットコインを法定通貨に戻そうとすれば、市場は容易に暴落するだろうからだ。
同じことがすべての仮想通貨に言えるとし、シフ氏は、すべての仮想通貨でバブルが発生していると言う。

「Eastman Kodakの株を見ろ。
長い間みんな忘れていた銘柄だ。
突然、ブロックチェーン企業だと言い出しKodak coinを出すと言い出したら、株価は400%上昇した。」

Eastman Kodak (KODK) の株価
Eastman Kodak (KODK) の株価

上げ幅もすさまじいが、出来高の増え方がなんとも印象的ではないか。
中年以上の人なら、こうした光景に強い既視感を覚えるのではないか。
そう、前の前のバブルの頃だ。

「みんなブロックチェーンとか仮想通貨とか名がつくものに飛びついている。
1999年に、社名の最後にドットコムが付く会社に飛びついたのと同じだ。
同種の根拠なき熱狂だ。
(ドットコムより)より根拠がないかもしれない。」


 - 投資 ,