Bitcoin

ビットコイン:米SEC不承認で急落

Share

ビットコインが日本時間の今日、約2割ほど急落した。
ビットコインを組み込むETFの商品化を米SECが承認しなかったため。


ビットコイン急落

ビットコイン価格は、急落の後持ち直しているものの、ビットコインETFへの期待で上げていたところまでは戻していない。
SECは声明でこう説明する。

「委員会(SEC)は、ビットコインの重要な市場が規制されていないと信じる。
したがって、委員会は、以前承認したすべてのコモディティ信託の上場商品に関して締結した監督共有協定を結んでいないし、現状結ぶこともできない。
そうした協定は、当該市場における詐欺的・市場操縦的な行動・慣行に関する懸念を呈するのに役立つ。」


つまり、ビットコインは監督者のいない市場であるがゆえ金融監督が及ばないから、投資家保護が徹底できない。
ETFに仕立ててはいけないと言っているわけだ。
それが方針と言えば、それだけの結論だろう。
保守的すぎるようにも感じるが、決してそうとも言い切れない。

そもそも、ビットコインを買いたければネット上の取引所で買えばいいだけ。
それをETFに仕立てることにどういう意味があったのか。
自由、安全、利便、規模等にはある程度トレード・オフがあるのに、多くを欲張った結果とも言えなくもない。

今月初、ビットコイン価格が金価格を上回った。
ビットコインに肩入れする人たちは沸いたが、今回の急落で再び金に逆転された。
ビーター・シフ氏はビットコイン価格のボラティリティの高さを指摘し「デジタルな愚か者のゴールド」と呼んでいる。

Share