投資

アスワス・ダモダラン バリュー投資家がムキになる本当のワケ:アスワス・ダモダラン
2020年10月29日

アスワス・ダモダラン ニューヨーク大学教授が、バリュー投資について大作のブログ記事を公表したが、その中に問題の本質を感じさせる段落があった。


私が受ける最も一般的な反発は、古い時代のバリュー投資家からのものだ。
バリュー投資は長期で勝利を収める唯一の約束された道であり、議論の余地はない、というものだ。

ダモダラン教授が自身のブログで、投資哲学の講義で受ける反論について語っている。
教授のバリュー嫌いは有名だ。
度々バリュー投資は終わったと発言し、世のバリュー投資家を困惑させてきた。
そのダモダラン教授が、3回に分けてバリュー投資に対する考えを総括している。

バリュー投資I: 栄光の日々
バリュー投資II: 失われた10年
バリュー投資III: 再生、転生、挽歌?

定義と歴史から始め、様々な観点を検証し、バリュー投資にダメを出し、有効性を取り戻すための道を提案している。
興味深いエピソードやウィットが散りばめられており、楽しめる読み物になっている。
ダモダラン教授は一生懸命論じているが、この問題の本質は何なのだろう。
それがこの段落に象徴的に示されているように感じられた。

投資哲学の領域でいえば、バリュー投資は他の投資哲学と比べて、その優位性を示す様々な研究に恵まれてきた。
バリュー投資家の物語、彼らが成功した銘柄に関し、いかにバリュー投資がうまくいくか数字によって示されてきた。
だから、多くの投資家が自身の投資哲学を尋ねられた時、バリュー投資家だと自認しても驚くにはあたらない。
それは単に成功した実績によるものだけでなく、知性・学識による裏打ちによるものなのだ。

筆者は自身をバリュー投資家だと自認しているが、ダモダラン教授の定義からすると必ずしもそうでないようだ。
なぜ自身をバリュー投資家と思うのか。
それは、ファクトと予想に基づき株価の高安を測ろうと努めているからだ。
言葉は悪いが、筆者からすると、グロース投資家のファクトへのウェイトは小さすぎ、彼らの言葉・考えは軽薄にしか感じられない。
(それは多分にその世界の表現法のノルムにすぎない。
内面では軽薄でない人もたくさんいるのだろう。
もちろん、内面も軽薄な人もいるのだろう。)
だから、グロース投資家にはなりたくないのかもしれない。

ダモダラン教授が「終わった」と言ったバリュー投資と、世の中でバリュー投資を自認する人たちの間には、大きな食い違いが存在するのかもしれない。


-投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。