投資

バブルはまだしばらく続く:ジム・ロジャーズ
2021年11月3日

ジム・ロジャーズ氏が幅広い投資テーマについて語り、市場のピークアウトの経験則について触れている。


バブルはまだしばらく続くと予想している。
まだすべての株がバブルになってはいないからだ。
しかし、株式市場のすべてがバブルになったら、そこが退出すべき時だ。

ロジャーズ氏が印Business Todayで、株式市場のピークアウト時期を占った。
同氏は従前どおりまだ株式を売却も信用売りもしていないという。

最後の爆発(急騰)が起こった時に、自分が賢く世界中を売り始め、信用売りを始めることを祈っている。

ロジャーズ氏は、株価上昇サイクルの終期にしばしば見られる《最後のひと上げ》を待っているようだ。
以下、定番・新規それぞれから、いくつか小噺を紹介しよう。

以前から強気の農業分野について尋ねられて

「言いたくはないが、価格はもっと上昇せざるをえない。
今はとても押し下げられている。
1970-80年代、農民が足りず供給が足りず、食品価格はもっと高かった。
あの時代が再び到来しつつある。」

NFTに注目しているか問われて

「妻が興味を持ち熱心で、私の目にも入った。
妻はNFTのポッドキャストまでやるほどだ。・・・
(NFTは)バカげている。・・・
オンラインでその絵が見れるなら、何で買わないといけないの?」

若い投資家について尋ねられて

「数百年いつも起こってきたのは、市場が長く上昇すると、新たな人々が参入する。
彼らは友達に『面白い。簡単だ。大儲けできる。』と話す。・・・
これはいつもとても悪い終わり方をするんだ。」

投資にあたって肝に銘じておくべきポイントを問われて

「まず知るべきは(投資は)簡単じゃないということ。
2つ目に知るべきは、自分が良く理解するまでは何でもやってはいけないということ。
ジム・ロジャーズの言うことを聞いて(知ったつもりになって)はいけない。」

魅力のある通貨を尋ねられ従前どおり当面はドルと答えつつ、準備通貨交代の可能性について語った。

「米ドルはとても問題のある通貨で、(基軸通貨の地位は)長くは続かないだろう。
どんな通貨も150年超は君臨できなかった。・・・
(長期的に)何を買うべきか・・・わからない。
銀や金かもね。」

バブル崩壊(または弱気相場入り)をどう検知すればよいか問われて

「中央銀行が3度利上げしたら、その3度めが逃げ時だ。・・・
今回そうなるかはわからない。
少なくとも過去数十年の米市場では、FRBが利上げを3度行ったら(市場を退出し)ビーチに行くべき時だ。」


-投資
-, , , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。