バフェット:米経済はバブルじゃない

Share

オマハの賢人ウォーレン・バフェット氏は87歳の誕生日にFoxのインタビューも受けている。
米経済はバブルではないとし、いつか市場が下落に転じてもそれをチャンスととらえているようだ。


現在はかつてのようなバブル状態ではない。

バフェット氏は、米市場がバブルではないかとの問いに対し、即座に否定している。
バフェット氏の強気は今に始まったことではない。
長期投資をする限り米市場はこれまで上げ続けてきたし、今後もそうなるというのが信念なのだ。

特に、サブプライム/リーマン危機との比較は明解だ。
米住宅市場が巨大であるがゆえに問題を起こしうる点を指摘し、2007年までの住宅バブルを解説した。

「数兆ドルものMBSが、中にはAAA格もあったのにジャンクだったことが明らかになった。
そうしたことが経済に打撃を与える。
私が知る限り、現在そうしたことはない。」

バフェット氏はサブプライム危機前に迫る住宅価格にもまったく不安を見せない。
危機後の資産価格上昇は不正によるものではなく、低金利によるものだと指摘する。


米株価指数(Russell 3000、青)とケース・シラー住宅価格指数(20都市、赤)
米株価指数(Russell 3000、青)とケース・シラー住宅価格指数(20都市、赤)

バフェット氏は、いつか米市場が下落に転じるだろうことを認めている。
しかし、それを恐れている様子はない。
むしろ、下げがやってくれば、バフェット氏にとっては買い場だ。
リーマン危機後には金融大手やGEなどのラスト・リゾートの役割を果たし、巨万の利益を上げた。
二匹目のどじょうを狙うだけだといった自信ぶりだ。

Share