投資 企業

バフェット:後継人事とビットコイン

もううんざりのジェイミー・ダイモン

一方で、バフェット氏の友人JP Morganのジェイミー・ダイモンCEOは「ビットコインは詐欺」と言ったことを後悔していると明かし、ブロックチェーン技術は「現実のもの」と話した。


一方で、仮想通貨には興味がないとも。
「ビットコインは詐欺」発言は毎日数多くのメディアから引用され続け、仮想通貨信者から批判を浴びてきた。
ダイモン氏の「興味がない」は事実だろうし、この件での周囲の大騒ぎを不快に思っていても当然だ。

金融システムの重要な構成員や(投機家でなく)投資家にとって、現時点でのこのテーマへの見方は決まっている。
ジェフリー・ガンドラック氏が言ったように「自分に関係のないところでやってもらえればかまわない」ということ。
やりたい人が投機・ギャンブルと知って法に適う形でやるなら別にかまわない。

ドットコムの再来

そのガンドラック氏が週末、ブロックチェーンに踊る人たちを揶揄するようなツイートをしている。

「Kodakが『ブロックチェーンに転回』で250%超上昇した!
私も自社名をDoubleBlockchainに変更すれば、指値が250%、5倍になるはずだ!」

「あなたは1999年12月31日に警戒していた?
私は警戒していた。
その時のドット・コムが今のブロックチェーンだ。
いいこともあるかもしれないが、今のところはコップに110%注がれているように見える。」

ガンドラック氏が少々懸念を持ち始めているようにも見受けられる。
投資家からすれば「自分に関係のないところでやってもら」いたいものだ。


> 前のページへ 

-投資, 企業
-, , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。