海外経済 投資

バイロン・ウィーンの「2019年の10のサプライズ」
2019年1月4日

さらに、それほど重要でないもの、実現可能性が高くないもの4つを挙げている:


  1. 地政学的緊張が高まる。
    イランと北朝鮮は火種であり続け、米国は先制攻撃も辞さない姿勢を示し、結果、市場が売られる。
    しかし、選挙が近づく中で実際の戦争には発展せず、トランプ大統領の強弁がいくつかの外交課題で成果を上げる。
  2. 切羽詰まった中国がインフラ政策で経済刺激を試みる。
    実質成長は6.5%を達成するが、債務問題を世界が心配し、人民元に悪影響が及ぶ。
  3. 中国が「世界の自由貿易のリーダーになる」と宣言する。
    対米摩擦の損失を埋めるため、2国間での通商交渉を世界中の国と始める。
    すべてのセクターでJVにおける海外企業によるマジョリティを許容する。
    世界における中国の影響力が増し、米国はさらに孤立する
  4. イタリアの反抗・ドイツの鈍化・Brexitに対応し、ECBが量的緩和を再開する。
    イタリアはEUからのペナルティを恐れなくなり、景気後退に陥り、債務スプレッドが拡大する。

ウィーン氏の予想をおさらいしておこう。

  • S&P 500: 昨年末終値2,506.85から15%の上昇は2,882。
  • 米10年債利回り: 3.5%未満。
  • ドル相場: 昨年末程度(ドル指数96程度)
  • FRB金融政策: 利上げ・バランスシート縮小を停止。
  • 景気後退: 2021年以降。
  • 金価格: 1,000ドルへ低下。

足元の市場環境を考慮したのだろう。
いつも楽観的なウィーン氏としては抑え気味にも感じられる。
2018年のサプライス」では、同年末のS&P 500を3,000と予想していたから、1年先の予想としてかなりセットバックしている。
また、例年なら実数を示して予想していたが、今年は相対的な表現での予想が目立った。
これも、状況が流動的であるとの見方の現れかもしれない。

ウィーン氏は「サプライズ」策定にあたっての協力者について1月のコメンタリーの中で謝辞を述べている。
1980年代からの協力者としてジョージ・ソロス氏を挙げ、例年通り「ジョージ・ソロスが私のアイデアをレビューしてくれた」と書いている。
また、同僚のジョー・ザイドル氏が今年ならびに今後、重要な役割を担うとも記している。


> 前のページへ 

-海外経済, 投資
-, , , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。