投資

ニッケル備蓄は最良のコール・オプション:カイル・バス
2019年12月16日

ヘイマン・キャピタルのカイル・バス氏が、ニッケル備蓄を継続していると明かしている。


私は子供たちに、紙幣に対する硬貨、輪転機に対する硬貨の価値を教え、中央銀行が紙幣発行によってやっていること、世界にはニッケル(5セント硬貨)を保有するより得なコール・オプションが他にないことを説明している。

バス氏がMarketWatchのインタビューで、5セント硬貨の備蓄を続けていることを明かした。

同氏の5セント硬貨備蓄は2011年のマイケル・ルイスの著書『ブーメラン – 欧州から恐慌が返ってくる』で紹介され有名になった。
バス氏は1百万ドル(約1.1億円)で20百万枚の5セント硬貨を買ったのだという。
5セント硬貨のニッケルの当時の価値は6.8セント。
金属としての価値が硬貨の額面を上回っていたのだ。
バス氏は当時、金属の相場が上昇または高止まりすると見ていたのだろう。

もちろん、バス氏の戦略には課題もある。
それは、米国で貨幣を溶かすことが非合法とされていることだ。
価値の逆転に危機感を抱いた米造幣局が2006年に法制化し、2007年から恒久化している。

バス氏は、このニッケル備蓄を今も続けているというのだ。
硬貨を溶かせないのに続ける意味があるのだろうか。

バス氏は、銀貨の前例を紹介している。
1965年まで、1ドル銀貨、50セント銀貨、25セント硬貨は純銀だったのだという。
1965年に銀含有量を半分にし、その後も減らしてきているという。
この時、古い銀貨に何が起こったか。

「1ドル銀貨、50セント銀貨、1964年の25セント硬貨について、溶かして取り出した銀の価値、そして市場で売買されている価格を見ると、市場価値は銀の価値より常に高くなっている。」

銀貨の悪鋳というありがちな物語の裏側には、貴金属の相対価格の上昇という物語もある。
バス氏が従前から金などの保有(地金での保有)を推奨していることは有名な話である。

バス氏は、銀貨で起こったことがニッケルでも起こりうると見ている。
仮に今もニッケル(地金)の価値が6.8セントだとすると
 市場価値 > 地金の価値6.8セント > 額面5セント
になると踏んでいるのだ。

うまくいかなくても、ニッケル(硬貨)は5セントの価値がある。
うまくいけば、ニッケルや銅が売買されるところで常に価値を持つはずだ。

読者の中には日本の硬貨について興味を抱かれた方もいるだろう。
現在発行されている硬貨の中で、最も地金の価値が高いのは500円硬貨(ニッケル黄銅)で5円弱だ。
(当然、これに加工費等が乗っかってくる。)
日本の硬貨の地金の価値がこうも低いのは、比較的単価の高いニッケルやスズを多く使っていないためだ。
比較的安い銅・アルミ・亜鉛を多く用いることで、直接材料費が低く抑えられている。
残念ながら(もっとも日本においても貨幣損傷等取締法により違法だが)裁定を抜く余地はなさそうだ。


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。