投資

デビッド・テッパー デビッド・テッパー:バブルとは程遠い

Appaloosa Managementのデビッド・テッパー氏は、バブルの懸念が囁かれる米国株に自信を示した。
かつてのITバブルとの連想が語られる中、現在のテクノロジー株は割安と指摘した。


「過去の過熱相場との比較はばかげている。
1999年に(株価)倍率や金利がどうだったか見直せばわかる。
株価が驚くほど安いとは言わないが、全く過熱相場ではない。」

テッパー氏はCNBCの電話インタビューで、米市場がバブルとの見方を一蹴した。
3月には「割安とは程遠い」と話していたテッパー氏だが、足元ではむしろ積極姿勢ともとれるコメントをした。
特にテクノロジー・セクターについて、バリュエーションはまだ低いのだという。

「テクノロジー株は上昇したと言っても、市場の他のセクターより割安にしか見えない。」

アパルーサの四半期報告書13-Fでは、第2四半期にテクノロジー・セクターへのエクスポージャーが拡大し、最大の構成要素となっていることが明らかになった。
アリババ株のほか、NASDAQ 100連動ETFへの投資が見受けられる。
その他、マイクロン・テクノロジー、アルファベット(グーグル親会社)、ウェスタン・デジタル、フェイスブック等への投資が増やされている。


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。