デニス・ガートマン:強気相場は続く

デニス・ガートマン氏が、米国株市場について強気相場の継続を予想した。
ただし、今後のエントリーについては慎重に押し目を待つよう勧めている。


PERもPBRも市場心理も異常に高まっている。
市場は長い間買われすぎだ。
しかし、正直に言うなら、これまで強気相場だったし、これからも強気相場が続く。
メモしといて。
強気相場は続く・・・、それが止まるまではね。

ガートマン氏がFox Businessで強気相場の継続を予想した。
押し目では買いが入り、次の山は前の山より高く、次の谷は前の谷より高い。
ファンダメンタルズが絶好調で、大統領が失敗しようが市場は買い続けている。
こうした状況では、強気予想しかできないと開き直った。


強気予想だから株を買えというわけではない。
投資家には、慎重に押し目を待つようにアドバイスしている。

「出来高が少ない状態が2-3週間続いた後に(ダウ平均で)200-300ポイントの下落が起これば買いを入れるかもしれない。
しかし、今買うつもりはない。」

市場が懸念する金利上昇による悪影響にも、金利と株価の同時上昇は珍しいものではないと指摘する。

「経済が良好だから今後数年金利を押し上げるだろう。
株価も上昇を続けると考えている。」

エネルギー・セクターの投資については、サブセクターごとに内容を見るべきという。

「掘削業者はダメ。
精製業者、天然ガスなら多分だ。」


 - 投資 , ,