海外経済 投資

デコボコとローテーションが続く:ジェレミー・シーゲル

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、米CPIと金融政策について触れ、今後の市場について予想している。


前年同月比8.5%はピークかもしれないが、前年同月比6-7%が長い間続くだろう。・・・

シーゲル教授がCNBCで、米インフレの高止まりを予想した。
3月のCPIが前年同月比でピークとなる可能性があるとしたものの、原油、冬場の天然ガス、家賃など悪材料も多く、物価目標に向けて低下するとは考えにくいという。

12日米労働省発表のCPI上昇率は

  • 総合: 前年同月比8.5%、前月比1.2%
  • コア: 同6.5%、0.3%

総合こそほぼ市場予想どおりだったが、コア指数が前月比の市場予想0.5%に対して0.3%と下回り、一応の安心感を生んだ。

シーゲル教授は、3月のCPIが金融政策に与える影響を解説する。

「CPIコアは予想より低く、FRBはそれを見ているから、FRBは75 bpの利上げはしないだろう。・・・
だから(5月3-4日のFOMCは)50 bpになる。
今後何か月も6-7%のインフレが続き、FRBは多くのFOMCで50 bp以上の利上げを続けざるをえなくなるだろう。」

シーゲル教授は、FRBが大きく出遅れているとの見方を全く変えていない。
インフレを抑制するためにはFF金利を少なくとも3.0-3.5%まで引き上げる必要があると話している。

この見通しにしたがい、今後の米国株市場への見方も不変だ。
教授は以前、しばらく市場は苦戦を続け、その後上昇に回帰するとの予想をしている。
FRBの利上げとバランスシート縮小が市場を苦戦させ、それを消化した後に上昇に転じるとのシナリオだ。

今回もそれを最も単純化した理論式(株価=利益/割引率)を用いて解説している。
分子は素晴らしいが、分母も上昇し続ける。
特に、市場による分母の織り込みについて、シーゲル教授はまだ不十分と考えているから、十分になるまで市場は苦戦することになる。
教授は、これまで起こってきたのと同様に「波のある相場、ローテーション」が継続すると見ている。

ローテーションは、短期的にキャッシュフローが得られる銘柄に向かって継続するだろう。
多くのテクノロジー株がかなり合理的な水準、PER 19-20倍となっているものの、私はまだテクノロジーが良い投資先になったとは言い切れない。
19-20倍なら良いが、それを超えるなら、現在の市場環境では不利になるだろう。

シーゲル教授は先日、予想PER 22-23倍の大手テクノロジー株は、成長性から見て割高ではないと指摘していた。


-海外経済, 投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。