海外経済 投資

ブラックロック テック、一般消費財、欧州:ブラックロック

資産運用の世界最大手ブラックロックのリック・リーダー氏が、市場も経済も回復が著しい中での推奨セクター・資産クラスを列挙している。


経済は明らかに財政刺激と金融政策によって大きく噴き上がっている。
回復という点ではかなり堅調で、過去数週間中国から出てきた良好なデータを幾分なぞるようなところがある。

リーダー氏が、米経済の回復の速さに言及し、財政・金融刺激策が効いていると解説した。

米市場はこうした改善を先回りする形で急回復を遂げている。
すでに高値圏にある米国株に買えるセクターはあるのか。

リーダー氏は、NASDAQがこれまで大幅に上昇を続けてきたとして、今後も「上昇を続けるとは想像しがたい」と語った。
しかし、「想像しがた」くても同氏の結論は逆だ。
現在テクノロジーが産業のやり方を大きく変える可能性があり、そこで生まれる需要規模が大きいとして、同セクターにはまだアップサイドがあると結論した。
また、一般消費財にもアップサイドがあると述べている。

ここまでは特段珍しい主張でもないかもしれない。
リーダー氏は、もう1つ推奨しており、これは従来の考えを大きく変えるものになっている。

この10-20年で初めて、分散のために欧州に投資できると考えている。
ウィルスのデータは欧州の方が良く、EU復興基金も始まりそうだ。

金融政策頼みだった欧州が初めて財政を本格的に用い、かつEU共同での政策を採ろうとしている。
この変化から、リーダー氏は欧州への見方を変えつつあるようだ。


-海外経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。