海外経済 投資

ゼロ金利が貴金属価格を押し上げる:ピーター・シフ

ユーロ・パシフィック・キャピタルのピーター・シフ氏が、極めて長い期間ゼロ金利が継続すると予想し、金・銀への投資を奨めている。


「米国株市場が上昇している唯一の理由はFRBだ。
悪い経済ニュースが出てきて、暴徒の略奪は悪い経済をさらに悪化させる。
最悪の経済に、FRBが増発したお金が流れ込む。
だから、株式投資家は買いたがる。
しかし、FRBがインフレを引き起こす時には、S&P 500より金を買った方が良い結果が得られるものだ。」

シフ氏がロシア国営RTで、将来の物価上昇に備えるための貴金属等コモディティへの投資を奨めた。
同氏のインフレの定義はあくまで貨幣膨張だ。
だから、消費者物価が上昇しなくても、すでに強烈なインフレが進行していることになる。
そして結論はいつもの通り、金が上がる、である。

ただし、今回は銀にも力点が置かれていた。

「銀は間違いなく底を打った。
ドル建てだけでなく、金との比較においてもだ。
銀は金との相対価格において史上最低を記録した。・・・
史上最高まではしばらくかかるだろうが、銀価格ははるかに上昇するだろう。」

シフ氏は、「コモディティ全般の強気相場がやってくる」と予想する一方、いつものように終末予想も欠かさない。
ドルが他の法定通貨に対して急落し、消費者物価も大きく上昇するという。
他の資産クラスを痛めつけて金を持ち上げるレトリックが徹底している。
シフ氏の主張は、インフレ懸念という前提から机上の空論によって貴金属の有利性を主張するものだ。
その机上の空論が本当に現実のものとなるのかどうかはわからない。
しかし、その前提については少々気になるところがあるのも否めない。

インフレが増え続けるために、実質金利のマイナス幅が拡大を続ける。
それでも、インフレと戦えばバブル経済を崩壊させてしまうので、FRBはゼロ金利を継続するだろう。


-海外経済, 投資
-, , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。