投資

ジム・ロジャーズ氏の2021年の3予想
2021年1月3日

ジム・ロジャーズ氏が2021年に向けて、世界の株式、日本と中国の株式、債券市場について3つの予想を語っている。


世界を見渡すと、債券は間違いなくバブル、株式もいくつかの国で最高値に近く、不動産も多くの国でそうだ。
まだ私が安いと見る資産クラスはコモディティだ。

ロジャーズ氏が昨年末BBCでバブルを警告したとMinnesota Public Radioが伝えている。
中国やEV向けで需要を集めた鉄鉱石、銅のほか、銀、金についても有望な投資対象だと語ったという。
貴金属については、経済の悪化により売却の動きもあり、踊り場になっていると解説。
それが終わる頃に銀・金を買い増したいという。

こんな光景を以前見たことがある。

ロジャーズ氏は、今まさにバブルが膨張中だと指摘する。
顕著なセクターとしてエレクトロニクスやテクノロジー、銘柄としてサムスンやテンセントを挙げた。
同氏は、市場参加者の変化にもバブルの兆候を感じ取っている。

「市場にはたくさん新たな投資家が入ってきており、彼らは兆候が出ていることをわかっていない。
まだ本格的なバブルではないが、バブルが大きくなっている兆候は見て取れる。」

ロジャーズ氏は、まだしばらくは市場が上昇を続けると予想する。
バイデン新政権を始め、各国が大規模な貨幣増発・財政支出を続けると考えるためだ。

ロジャーズ氏は2021年に向けての市場予想を3つ尋ねられ、次のように答えた。

  • 世界の株式は上昇
    「バイデン陣営はお金を印刷し、お金を借り、お金を使いたがるから、しばらくは市場は上昇するだろう。」
  • 日本株・中国株
    「日本や中国のようなアジアの市場は大きく下げてきた分、大きく上がるだろう。」
  • 債券サイクル
    「債券は上昇が終わる。」

ロジャーズ氏は、2021年に大きな転換点が来ると予想する。

バブルが大きくなりつつある。
バブルはおそらく2021年の間どんどん大きくなる。
でも年後半、バブルはおそらく弾け、多くの人が苦しむことになる。

ロジャーズ氏の予想が往々にして早すぎるのは自他共に認めるところ。
今回は見事的中となるだろうか。


-投資
-, , , , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。