投資

ゴールドマンがウィルスで下げている優良銘柄を買っている

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが、最近の世界的な株価下落に乗じて幅広い株を買っている。


(コロナウィルスの心配の)深刻さは理解しており、決してこうした規模の売られを喜んでいるわけではない。・・・
しかし、この混乱はアクティブ運用者に素晴らしいチャンスを提供している。

GSAMのケイティー・コッチ氏がReutersのインタビューで語った。
同社は、新型コロナウィルス拡大で被害を受けているセクターから優良銘柄を物色しているようだ。
買い入れた銘柄は資生堂、Live Nation Entertainment(イベント・プロモーター)、旅行、ホテル、客船関連などだ。
いずれもウィルス騒動が直撃した業態である。
コッチ氏は、資生堂に投資した理由を、ウィルス騒動が終わればまた中国でハイエンド・ブランドへの需要が続くことが予想されるためとしている。

天災で苦しむ企業の株を買うことについては、誰も責めることはできない。
むしろ株価下落を抑えているとすれば、感謝すべきことだ。
なかなか露骨に安値で拾っているのを見ると、ある意味脱帽するしかない。
日本の金融機関もこういうやり方を見習わないといけないかもしれない。


-投資
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。