投資

グロースに負けない守りの戦術:ビル・グロス
2020年9月17日

ビル・グロス氏が今月のInvestment Outlookで推奨した「守り」について、具体的な戦術の一例を解説している。


世界経済についてタトゥーと言ったのは、タトゥーが肌を変色させ、世界経済がウィルスによって変色し・・・たくさんの事が変化したということ。
それが、投資、ディフェンシブな利回り商品にとって何を意味するのか。

グロス氏がBloombergで、最近のInvestment Outlookの真意を補足している。
過去2回のInvestment Outlookでは、実質金利の低下から2つのアウトパフォームが解説されていた。

そして、投資家は守りを固めろ、という推奨だった。

この文脈から見て、グロス氏がグロース株や米国株に不安を感じているのは明らかだ。
しかし、少なくともこれまで、米グロース株のパフォーマンスが素晴らしかったのも事実だ。
米国株の投資家がグロース株から離れるのには相当な勇気が必要だろう。
グロス氏が言うように守りを固めた時、グロース株を大きくアンダーパフォームしてしまう、そう恐れるのは当然のことだ。

グロス氏は興味深い事実を説明する。

0-1%の金利では、投資家はおそらく2%程度の信用金利だろう。
そして比較的安定している(配当利回り)7-8%の株に投資する。・・・
スプレッドは莫大で、借入金利との差、年6-7%(のスプレッド)を複利運用すれば、ほとんどグロース株と同じぐらい良くなる。
アマゾンほど良くはないが、かなり良い安定した投資になる。

安定した銘柄を厳選し、レバレッジをかけて投資することで、グロース株なみのリターンが狙えるというのだ。
グロス氏は、タバコ、天然ガスパイプラインなどのセクターでこの戦略にあった銘柄が見受けられると話した。

グロス氏は、今はレバレッジを使うべき時だという。
政策金利が長く長く低く据え置かれると予想されるためだ。
一般の投資家がレバレッジを用いる方法として、レバレッジのかかったクローズ・エンド・ファンドへの投資や信用取引を挙げた。
もちろん、全く無警戒に取り組める話でないことも言い添えている。

レバレッジが巻き戻す時にはその分しっぺ返しがある。
中央銀行が利上げする時に起こる。・・・
レバレッジをかけるときには安全にやらないといけない。
最終的にはレバレッジは破壊的であり、強気相場と反対の弱気相場で先を走ってしまうことになるからだ。


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。