ガートマン:ビットコインは5,000ドル割れへ

デニス・ガートマン氏が(何のサプライズでもないが)ビットコインの暴落を予想した。
コモディティ王は、2018年が(仮想通貨以外の)コモディティにとってよい年になるとコメントしている。


ビットコインが下落する時は、8,000ドルを割り、5,000ドルを割り込むだろう。


Here’s why Dennis Gartman is picking commodities over stocks in 2018 from CNBC.

ガートマン氏は、時期こそ予想できないとしながら、結局はビットコインが暴落すると考えている。
同氏の仮想通貨に対する否定的な見方は揺るがない。
ビットコインを長い間で最も愚かなアイデアだとこき下ろしている。
ビットコインのバブルが終わりを迎えれば、バブルに参加していた投資家の一部が金の市場に戻って来るだろうと予想した。

「ブロックチェーンの輝きを分けて考えれば、ビットコインは最もバブル的なものだ。
これと比べれば、17世紀オランダのチューリップ・バブルさえ冷静でおとなしい市場に見えてしまう。」

一方で、コモディティ王は2018年がコモディティにとってよい年になると予想している。
ドル安が続くような観測が広まっているからである。

「ドル安はコモディティ高を指している。」

ガートマン氏がコモディティに対して強気な理由は、ドル高予想だけではない。
株価との相対価格からも強気が支持されると言う。

「コモディティ価格は株価に比べて極めて割安だ。
コモディティをロングして株式をショートすれば、今後1-2年いい投資になる。」


 - 投資 , , ,