ガンドラック:ゴルディロックスの終わり

新債券王ことDoubleline CapitalのJeffrey Gundlach氏のツイートを見ておこう。
米10年債利回りはじりじりと上昇し、同氏が指摘した危険域に近づいている。


1月16日

リスク資産のポスター・チャイルド、ビットコインは9月以来、空中浮遊してきた。
それも今終わりつつある。
「さあ、ゴルディロックスの国を離れなさい。 安全運転でね。」

ビットコイン/USD
ビットコイン/USD

この数日のビットコインの下げはすさまじい。
ファンダメンタルズの裏づけのない仮想通貨にとって、トレードの重要な材料はテクニカル面だ。
そのチャートの形状も弱気を感じさせるものがすっかり定着したように見える。

ガンドラック氏は、ビットコインを市場全体のリスク・テイクの極端な断面と見ているようだ。
この断面が崩れることで、メリハリのある変動が他市場にも波及すると見ているのであろう。


1月17日

あらたなリスク環境が「エクスタシー」と語られるようになるにつれ、米5年債・10年債利回りともに30年超の右下がりのトレンドラインを試している。

米5年債(赤)・10年債(青)利回り
米5年債(赤)・10年債(青)利回り

「エクスタシー」とは市場の熱狂という意味であろう。
債券市場が従前からの警戒心を強めるにつれ、ついに金利が上昇を始めそうという指摘だ。
17日の米10年債利回りは2.59%。
ガンドラック氏は先週「米10年債利回りが2.63%を超えれば、上昇が加速し、株式市場は慎重になる」と予想している。


 - 投資 , , , ,