エラリアン:米市場大幅調整の2要因

Share

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、不透明感を強める株式市場についてコメントしている。
米市場が大きく調整を迎える2つの例を挙げ、現下での投資戦略を説明している。



Mohamed El-Erian: Investors need ‘major shock’ of confidence to get market correction from CNBC.

市場の(大きな)調整は(市場の)信頼感にショックが走らない限り起こらない。

エラリアン氏はCNBCで、米市場の楽観が根強いと指摘した。
小さなショックでは、たとえ市場が下げても条件反射的な押し目買いが入る。
この流れが崩れるとすれば、市場の自信を突き崩すようなショックが走る時なのだという。
エラリアン氏はそうしたショックを引き起こすイベントの例を2つ挙げた:


  • 米朝間の緊張が「一線を超える」
  • 2つ以上の主要中央銀行が金融政策を正常化させる

前者は直接的な軍事衝突を指すのであろうし、後者はFRBとECBが金融引き締めを進めることを指すのであろう。
世界の市場は丁半博打のような不確実性の中に置かれているのかもしれない。
エラリアン氏は、こうした不確実性を前提とすれば、やはりバーベル戦略が理に適っていると勧めている。
つまり、両極端な資産クラスへの投資である。

  • 中期のマチュリティを避け、上場されている債券・株式に投資
  • 流動性の低い資産に投資

以前からエラリアン氏はバーベル戦略を唱えてきた。
しかし、その際、片側は債券・株式ではなく現金とされていた。
今回、現金ではなく債券・株式と変えている。
思いのほか債券・株式の市場がもちこたえる中、現金を保有し続けることで列車に乗り遅れるリスクを嫌がっているのだろう。
何しろ市場は押し目買いを条件づけられているからだ。

後者の流動性の低い資産にはベンチャー投資などの資産クラスが想定されていると思われる。
こうした資産が推奨される理由は大きく2つあろう。

  • バリュエーションが市場の急激かつ一時的変動の影響を比較的受けにくい。
  • 中央銀行の資産買入れの対象となりにくく、市場価格が人為的に吊り上げられていない。

問題は、後者が一般の投資家からは手が届かないことだ。
エラリアン氏は代替策をこう話す。

「しばらくは新興国株、新興国の通貨を見るといい。
まだバリューのあるものがある。
しかし、それらもだんだん高くなってきている。」

Share