投資

ウェルズ・ファーゴ による2021年の10の予言

ウェルズ・ファーゴのクリス・ハーベイ氏が、やや弱気な2021年予想を語る中で、ローテーションの本格化を強調している。


私たちは顧客に、いくらでもいいからグロースを、と考えないようにし始めるべきと言っている。
バリュエーションを考え始めるよう言っている。
(市場)循環に注目し始めるべきだ。

ハーベイ氏がCNBCで、2021年の米国株市場について10の予想を挙げている。

ハーベイ氏の10の予想は以下の通り:

  1. テスラがドットコム・バブル時のAOLになる。
    「AOLは1998年12月にS&P 500に採用された。・・・
    2020年はすべてがはるかに速く起こる。
    (ドットコム・バブルで)終わりが始まるのに12か月かかったとすれば、今は6か月だ。」
  2. テクニカルの良し悪しはどうでもよくなる。
    今年は2003年、2009年と似ているが、来年は変化が。
    チャートが悪く、逆張りの銘柄が勝ち始める。
  3. 来月5日のジョージア州決選投票の結果。共和党が上院で多数を維持する。
    株式市場にプラス、税制が安定、M&Aや自社株買いにプラス。
  4. 大型株が平均的な株をアウトパフォーム。
  5. いまいち」の年。
  6. 暗号資産が好まれる投機対象として復活。
  7. コロナ疲れやロックダウンで現職議員の再選が不利に。
  8. S&P 500銘柄の自社株買いが2019年の2倍に。
  9. 小型株が復活。
  10. ボラティリティの減衰が鈍化。

全体を通して、一貫した印象のある予想となっている。
ポイントは、夏頃から始まったように見えるローテーションが、経済の再始動等にともない本格化するということだろう。

ポートフォリオに対コロナウィルスのベータの高い銘柄(注:コロナの影響を受けやすい銘柄群)、金融株を入れることを検討し始めるべきだ。
ニュー・エコノミーではなく、オールド・エコノミーだ。


-投資
-, , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。