海外経済 投資

インカムの源泉がシフトする:ジェレミー・シーゲル
2020年7月2日

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、コロナ後の経済の構造的変化、コロナ克服時に株式市場で起こるシフトを予想した。


私の主張は、20年ぶりに穏やかなインフレとなり、一たびウィルスが収まりワクチン・治療法が出来れば、極めて強い経済がやってくるということだ。」

シーゲル教授がウィズダムツリーのポッドキャストで、自身の強気スタンスを再度語った。

今回は違う理由:ジェレミー・シーゲル

政府預金が飛び出すのを待っている:ジェレミー・シーゲル

シーゲル教授は、前例のない大規模な財政・金融刺激策により、経済が回復し、市場も上昇すると予想する。
ただし、経済が回復する先は、コロナ前の経済ではないという。

ただし、(以前とは)とても異なる経済だ。
企業はレイオフした従業員なしでも成り立つことに気づき、多くは復帰できない。
大きな構造的失業が発生し、再吸収されるまで時間がかかる。

シーゲル教授は、経済と市場が別モノであると考えている。
構成する主体も違えば、時間軸にもずれがある。
教授が抱く経済回復のイメージは明らかにV字ではないが、それは株価がV字回復するのがおかしいことを意味しない。

株価を押し上げる厳しい現実:ジェレミー・シーゲル

ショックからの回復イメージ:ジェレミー・シーゲル

シーゲル教授は、コロナ後の米国株市場について、バリューがグロースをアウトパフォームすると予想する。
理由は、投資家がある程度のインカム・ゲインを必要とするためだ。

来年または今年終わりにも配当株と、投資家が言い出すだろう。
『インカム・ゲインが必要だ。
利回り1%の米国債や1.5%の社債はダメだ。
固定利回りでインフレ・ヘッジもなく、アップサイドの可能性もない。』

これは正常な利食い:ジェレミー・シーゲル

シーゲル教授は、投資家がインカム・ゲインを求める源泉が、インフレ/デフレでシフトすると説明する。

  • インフレなら株のインカム(配当)
  • デフレなら債券のインカム(クーポン)

シーゲル教授は最近度々、40年に及んだ債券の強気相場がついに終わったと話している。
デフレ懸念による債券の時代が終わり、インフレ懸念による配当株の時代が来るという市場観なのだ。
そして、お人よしにも債券を持ち続ける投資家が、コロナ・ショックに費やされたコストを負担することになるのである。

誰がコロナウィルスのつけを払うのか:ジェレミー・シーゲル

シーゲル教授は、現在の状況を大戦後の経済ブームに似ていると話している。
その時にもこのシフトが起こった。

同じことが第2次大戦後の1950年代にも起こった。
インフレが上昇し、金利は極度に低く、みんなこのシフトを起こした。

第2次大戦後のブームを彷彿とさせる:ジェレミー・シーゲル

ただし、これはコロナに勝利した時に起こるシナリオだ。
シーゲル教授は、それまでの一進一退の段階では、今までのようにシーソーのような状況が続くと予想している。
コロナ後とコロナ特需のシーソーだ。

ウィルスについて良いニュースがあるとバリューがアウトパフォームし、悪いニュースだとコンピューター株やNASDAQがアウトパフォームする。
過去3-4か月がそうだったが、今後もそうだろう。


-海外経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。