どっちに転んでも危機とゼロ金利が再来する:ピーター・シフ

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、保守系メディアFox Businessから今回のFOMC後の展開を尋ねられている。
シフ氏はFRBの金融政策の問題点を指摘し、米経済が新たな金融危機に向かうと予想している。


FRBが(今回)何をしようが、次回するのはゼロ金利へと続く利下げだ。

シフ氏がFox Businessでまくし立てた。
市場の混乱はシフ氏の望むところ。
持論とする終末論の実現を想起させるような弱気心理が市場を覆っている。
ユーロ・パシフィックでの金や外国資産の販売もきっと好調に違いない。

シフ氏は金融政策の問題の本質を説明する。
FRBの失敗は利上げしてきたことではないという。
むしろ、その前に利下げしたことが、現在の難局を生み出したのだと主張する。

「FRBはあそこまで低金利にすべきでなかったし、あれほど長く維持すべきでもなかった。
そうした瞬間に、彼らは経済の運命を決めてしまったんだ。
今私たちはFRBがしでかしたことの報いを押し付けられているんだ。」

シフ氏は暗い未来を叫ぶ。

「(利下げは)弱気相場を食い止めないし、景気後退を止めることもない。
おそらくインフレが高速ギアに入ることだろう。
・・・
再び金融危機がやってきて、景気後退は前回よりはるかに厳しいものになる。」

いつもながら、根拠もそえず、リスク・シナリオがメイン・シナリオかのように自信満々に語るところがすごい。
このやり方は困りものとも言えるが、逆に常にリスク・シナリオを思い出させてくれる利点もある。
シフ氏の主張は単純であり、ある面理論だっている。
同氏の予言のうち大きなものでも数年に一度は当たることがある。
心の片隅にとめておく価値はある。
特に、政策金利が再び低下に向かうかもしれないというシナリオは、その逆の意見とともに、無視できないものだろう。


 - 海外経済