投資

【短信】S&P 500の年末予想を4,300に引き下げ:ゴールドマン

ゴールドマン・サックスが従前4,700としていた年末のS&P 500予想を8.5%引き下げて4,300とした。
昨年末時点の5,100から3度目の下方修正で、公表時点から7%の上昇。


新たなメインシナリオでは、景気後退を見込まず、年末のPERを17倍と据え置いている。
景気後退となれば、11%下落しPER15倍で3,600となるだろう。
大量・低マージンのグロース株に集中しろ。

デービッド・コスティン氏らのレポートを豪Financial Reviewが伝えた。
同氏らは、市場がすでに景気減速を織り込み済みと見ている。
メインシナリオでは景気後退はないと想定し、そうならば、株価は上昇するとの見方だ。
3か月後はまだ4,000と予想するが、その後市場が自信を強めるに従い上昇に向かうという。

コスティン氏は2つダウンサイド・シナリオを用意している。

  • 景気後退: 来年の景気後退の確率が高まり、先読みして3,600まで下げる。
    今後2年の景気後退入り確率を35%と見ている。
  • 実質金利上昇: 景気後退を回避しても実質金利が⁺1%となれば、3,800まで下がる。
    PERは16倍を想定。

-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。